イベント作成機能も追加

PS4、新ファームウェア3.50:MUSASHI提供開始。Windows/Macからリモートプレイ可能に

編集部:杉浦 みな子
2016年04月06日
PlayStation 4(PS4)の最新ファームウェア「3.50(コードネーム:MUSASHI)」が、本日4月6日から正式に提供開始された。今回のアップデートにより、リモートプレイ機能の対応機器にPCが加わった。

PCからPS4をリモートプレイしているところ

リモートプレイ機能は、PlayStation Vita、PlayStation Vita TVや対応Xperiaを使って、PS4のゲームを遠隔操作できる機能。今回のアップデートで、PC上からもPS4のゲームを遊べるようになった。対応OSはWindows 8.1、Windows 10以降、Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11。

使用にあたっては、同一LAN内にPS4とPCを接続の上、PCにインストールしたPCリモートプレイアプリを使って、リモート接続用のソフトウェアとPS4の機器登録を行えば良い。

通信環境に合わせてリモートプレイ側の画面の解像度とフレームレートを設定することも可能。画面解像度は360p/540p/720pから選択可能で、フレームレートは30フレームと60フレームを選択できる。

そのほかにも、今回のアップデートにより、フレンド同士のつながりをより便利にする新機能が追加されている。

例えばユーザー自身によるイベント作成機能に対応したことがその1つ。従来はソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア、ソフトウェアメーカー各社によって開催される[公式イベント]にユーザーが参加する仕組みだったが、今回からユーザー自身が[イベント]を自由に作成できるようになった。

イベント作成機能に対応

プレイする日時を決め、一緒に遊びたいプレーヤーを選ぶだけで、簡単に[イベント]の作成が行える。また、コミュニティーやメッセージグループでもイベント情報のシェアが可能で、他のユーザーはそこからイベントへの参加予約をすることができる。[イベント]を作成してフレンドとパーティーを組んだあとは、[セッションプレイ]を選べば、みんなで簡単に同じゲームを楽しむことができる。

フレンドとパーティーを組んだあとは、[セッションプレイ]を選べば、みんなで同じゲームを楽しめる

また、フレンドのオンライン通知/オフライン表示にも対応した。自分のフレンドがオンラインになった時に[お知らせ]を受け取ることができる。なお、オンライン中でも手動でオフライン表示に設定しておくこともできる。

フレンドのオンライン通知/オフライン表示も

加えて、PS4から動画共有サイトへのブロードキャスト機能も拡張された。これまでニコニコ生放送、Twitch、YouTube Live、Ustreamへの配信に対応していたが、新しくDailymotionへの配信機能も追加されている。

Dailymotionへの配信機能も追加

なお、今回の新ファームウェア配信にあわせ、スマートフォン/タブレット向けアプリケーション「PlayStation App(PS App) バージョン3.50」も配信されている。こちらアップデートでは、上述の新機能の一部を、モバイル端末から利用可能。ユーザーによるイベント作成やDailymotionへの配信、その他ユーザーアクティビティのシェア表示に対応した。

関連記事