大ヒットアニメの続編

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開が12月20日に決定

編集部:風間雄介
2019年03月29日
大ヒットしたアニメ映画『この世界の片隅に』に新規場面を追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開が、2019年12月20日(金)に決定した。

同作はもともと2018年12月に公開予定だったが、2018年10月に「当初の想定以上に制作に時間を要しており、本編完成までには数か月単位での期間が必要になることが判明」したとして、公開延期をアナウンスしていた。

本日行われた公開日発表イベントに、片渕須直監督と真木太郎プロデューサーが登壇し、上述の通り12月20日(金)に公開することを発表した。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』というタイトルは、片渕須直監督が考案し、原作者こうの史代さんが快諾したもの。すずさんとリンさんの交流を描く昭和19年秋と昭和20年冬〜春のエピソードや、すみちゃんを案じながら迎える20年9月の枕崎台風などが追加される。

関連記事