『スレイヤーズ』『フルメタ』など

雨宮・釘宮ボイスで『このすば』『ゼロ魔』を読む! Amazon推奨 “ボイスラノベ” はコレだ!

編集部:押野 由宇
2018年12月12日
Amazonの関連会社であるaudible(オーディブル)は、ボイスブックで「人気のおすすめライトノベルタイトル」を発表した。

ボイスブックはその名の通り “声で聴く” 本で、ナレーターが朗読する本を聴いて楽しむもの。著名な俳優などがナレーターを務めることが多いが、ライトノベルにおいては声優が担当する作品がほとんどだ。

例えば雨宮 天がナレーターを務めるのは、「小説家になろう」で累計1,900万PVを記録して話題を博した『この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま』。『このすば』シリーズは、『中二病でも魔女がしたい!』を高橋李衣、『よんでますよ、ダクネスさん』を茅野愛衣と、内容によって担当声優を変えるという力の入れっぷりだ。

また、釘宮 理恵がヒロイン・ルイズを演じる『ゼロの使い魔』は、当然だが釘宮理恵が「【朗読版】『ゼロの使い魔』」を読み上げている。キャラクターのセリフだけではなく、いわゆる “地の文” もすべて朗読されるため、本作では5時間21分という非常に長い時間にわたり、釘宮ボイスをじっくり聴けることになる。

さらに『スレイヤーズ』シリーズを、剣城あきら / キュアショコラ(キラキラ☆プリキュアアラモード)が朗読するという面白い試みも行われている。

ほか、『オーバーロード』や『幼女戦記』、『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』『魔術士オーフェン』『盾の勇者の成り上がり』『フルメタル・パニック』などラノベ作品を多数ラインナップする。

audibleはまずは無料で楽しめるほか、かなりオトクな会員サービスを用意している。気になった方は、>audibleキャンペーンへはPHILE WEB 記事下のリンクから<詳細を確かめてみて欲しい。

以下、今回audbleでオススメとなったリストとなる。

『この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま(上)』(雨宮 天)
『オーバーロード5 王国の漢たち[上](前編)』(吉開 清人、森 史絵)
『幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem (後編)』(山崎 健太郎、佐野 愛)
『幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem (前編)』(山崎 健太郎、佐野 愛)
『この素晴らしい世界に祝福を!3 よんでますよ、ダクネスさん(上)』(茅野 愛衣)
『幼女戦記 1 Deus lo vult(前編)』(山崎 健太、佐野 愛)
『オーバーロード1 不死者の王(前編)』(吉開 清人、森 史絵)
『盾の勇者の成り上がり 17』矢尾 幸子)
『この素晴らしい世界に祝福を!2 中二病でも魔女がしたい!(上)』(高橋 李依)
『この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま(下)』(雨宮 天)
『オーバーロード1 不死者の王(後編)』(吉開 清人、森 史絵)
『この素晴らしい世界に祝福を!3 よんでますよ、ダクネスさん(下)』(茅野 愛衣)
『この素晴らしい世界に祝福を!2 中二病でも魔女がしたい!(下)』(高橋 李依)
『【朗読版】『ゼロの使い魔』(釘宮 理恵)
『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?(上)』(茅野 愛衣)
『幼女戦記 1 Deus lo vult (後編)』(山崎 健太郎、佐野 愛)
『幼女戦記 2 Plus Ultra (前編)』(山崎 健太郎、佐野 愛)
『オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち(前編)(吉開 清人、森 史絵)
『オーバーロード5 王国の漢たち[上](後編)』(吉開 清人、森 史絵)
『幼女戦記 3 The Finest hour(前編)』(山崎 健太郎、佐野 愛)

関連リンク

関連記事