総監督・渡辺信一郎

ボンズ×フライングドッグの音楽アニメ『キャロル&チューズデイ』2019年4月放送。NETFLIXが全世界独占配信

編集部:押野 由宇
2018年11月07日
ボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品として、全世界に向けた音楽作品『キャロル&チューズデイ』が、2019年4月よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送予定、NETFLIXにて全世界独占配信することが発表された。


総監督には『サムライチャンプルー』『カウボーイビバップ』『アニマトリクス』『ブレードランナー ブラックアウト2022』ほかを手掛け国内外で評価される渡辺信一郎を、キャラクター原案には日清食品カップヌードルCM「HUNGRY DAYS」などで話題となった窪之内英策を迎える。

『キャロル&チューズデイ』キービジュアル

アニメーション制作は『カウボーイビバップ天国の扉』『鋼の錬金術師』『交響詩篇エウレカセブン』『僕のヒーローアカデミア』など数多くのヒット作品を世に送り続けるボンズ、そして物語の主軸となる音楽は『カウボーイビバップ』『マクロス』シリーズなど数々のヒットアニメーション音楽を作り出すフライングドッグが担当する。



この度、『キャロル&チューズデイ』の第1弾キービジュアル及び予告CMが解禁となった。第1弾キービジュアルは、キャロルとチューズデイが近未来を連想させる風景の中で、キーボード、アコースティックギターを奏でる姿が印象的な1枚だが、本作ではシンセサイザー/キーボードの “Nord” ブランドと、世界的老舗ギターメーカー “ギブソン” (Hummingbird)とのコラボレーションが決定しており、キャロルのキーボード、チューズデイのギターにはそれぞれNord、ギブソンのロゴが入る。

チューズデイ

チューズデイ

また本編の音楽は、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー、ベースとドラムを主軸に様々な楽器を弾くマルチプレイヤー、ラッパーと様々な側面を持つカナダ人アーティストアーティストMockyが担当することが決定している。

Mocky

渡辺信一郎総監督は『キャロル&チューズデイ』について、「音楽をネタとして扱うんじゃなくて、音楽そのものをテーマとした作品を作りたいということ。それは、音楽に対する清冽な思いであり、濁りなき衝動であってほしいということ。それを表現できるのは、きっと大胆で未熟で恐れを知らない17歳の女性たちだろうということ。そんな事を思ってたとこに、ボンズの南雅彦さんとフライングドッグの佐々木史朗さんに声をかけられ、この作品を作ることになりました」とコメントしていることからも、本作が音楽に力を入れられていることがわかる。

〜〜あらすじ〜〜


人類が新たなフロンティア、火星に移り住んでから50年になろうという時代。多くのカルチャーはAI によって作られ、人はそれを享楽する側となった時代。

ひとりの女の子がいた。首都、アルバシティでタフに生き抜く彼女は、働きながらミュージシャンを目指していた。いつも、何かが足りないと感じていた。彼女の名はキャロル。

ひとりの女の子がいた。地方都市、ハーシェルシティの裕福な家に生まれ、ミュージシャンになりたいと思っていたが、誰にも理解されずにいた。世界でいちばん孤独だと思っていた。彼女の名はチューズデイ。

ふたりは、偶然出会った。歌わずにいられなかった。音を出さずにいられなかった。ふたりなら、それができる気がした。ふたりは、こんな時代にほんのささやかな波風を立てるだろう。そしてそれは、いつしか大きな波へと変わっていく───

〜〜〜〜


(C)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

関連記事