邦楽アーティスト再生数は清水翔太がトップ

AWA、3周年で7種のランキング公開。アリアナ・グランデ3冠/懐メロ1位はGReeeeN「愛唄」

編集部:小野佳希
2018年05月28日
定額制聴き放題音楽配信サービス「AWA」は、サービス開始から3周年を迎えたこと記念し、この3年間での再生数などを基にした7種類のランキングを発表した。発表したランキングは下記の7種類。

・楽曲再生ランキング (3年間で最も聴かれた楽曲)
・邦楽アーティストランキング (3年間で最も聴かれた邦楽アーティスト)
・洋楽アーティストランキング (3年間で最も聴かれた洋楽アーティスト)
・プレイリスト採用ランキング (3年間で最もプレイリストに採用された楽曲)
・音楽認識ランキング (音楽認識機能を使って検索された楽曲)
・新規配信アーティストランキング (最も聴かれた新規配信アーティスト)
・懐メロランキング (3年間で最も聴かれた懐メロ)

アリアナ・グランデが「楽曲再生ランキング」、「洋楽アーティストランキング」、「プレイリスト採用ランキング」で1位に輝き、3冠を達成。「楽曲再生ランキング」で1位を獲得した「Break Free feat. Zedd」は、ユーザーが作成したプレイリストに最も採用され、同楽曲をセレクトしたプレイリストが、アリアナ・グランデの楽曲を聴いたことのないユーザーにリコメンドされ、視聴回数が増加したという。


「邦楽アーティストランキング」では、「君が好き」「My Boo」「DREAM」が合計1,500万回以上再生された清水翔太が首位を獲得。「君が好き」は2009年に発売された楽曲だが、新譜リリースのタイミングで旧譜にも注目が集まり、再生回数が上昇する傾向が見受けられたという。

2017年5月〜2018年4月の間にAWAで新たに配信されたアーティストの中から選んだ「新規配信アーティストランキング」では、韓国の男性ヒップホップボーイズグループ・BTS(防弾少年団)が1位を獲得。気になる音楽に向けてスマートフォンをかざすことでアーティストと楽曲を特定することができる音楽認識機能を使って検索された「音楽認識ランキング」では、2018年のグラミー賞にもノミネートされたZedd, Alessia Caraの「Stay」が1位、DAOKO×米津玄師の「打上花火」が2位を獲得した。

10年前の2007年以前にリリースされた楽曲を対象にした「懐メロランキング」では、2007年に発売されたGReeeeN「愛唄」が1位。トップ10圏内で最もリリース時期が古かったのが、2001年にリリースされたZONE「secret base〜君がくれたもの〜」だった。その他詳細は公式サイトで確認できる。

関連リンク

関連記事