4月20日発売

「NINTENDO LABO」予約受付開始。Switchと連動、段ボールでおもちゃを作れる

編集部:風間雄介
2018年02月15日
任天堂(株)は、Nintendo Switchと組み合わせることで、様々なものを作って遊べる「Nintendo Labo」の予約受付を開始した。発売は4月20日。

発売するのは「バラエティキット」と「ロボットキット」の2種類。バラエティキットは6,980円(税抜)、ロボットキットは7,980円(税抜)。デコレーションする「Nintendo Labo デコるセット」は980円(税抜)。

「バラエティキット」

ロボットキット」

各量販店やECサイトのほか、マイニンテンドーストアでも予約も可能で、ダウンロード版はマイニンテンドーストアでしか販売していない。

バラエティキットは、5種類のおもちゃを作り、Nintendo Switchの画面と連動させて遊ぶことができる。作れるのはリモコンカー、つり、おうち、バイク、ピアノの5種類。コントローラー「Joy-Con」のセンサーを活用し、たとえばピアノであれば鍵盤を弾いて音が出る。バイクはコントローラーを入れたハンドルを動かすことで、画面のバイクを操縦できる。

ロボットキットでは、手に装着したコントローラーを動かしたり、足を動かしたりすると、画面上のロボットが動きに連動する。

どちらにも段ボールやヒモ、輪ゴム、ハトメなど、作るために必要な素材が入っている。ヒモなどは市販のもので代用することも可能という。

関連リンク

関連記事