段ボールで工作、作ったおもちゃで遊べる

Nintendo Switchを使ってロボットや楽器コントローラーなど様々なものを作れるキット。6,980円から

編集部:風間雄介
2018年01月18日
任天堂(株)は、Nintendo Switchと組み合わせることで、様々なものを作って遊べる「Nintendo Labo」を発表。4月20日から発売する。

発売するのは「バラエティキット」と「ロボットキット」の2種類。どちらにも段ボールやヒモ、輪ゴム、ハトメなど、作るために必要な素材が入っている。ヒモなどは市販のもので代用することも可能という。

「ロボットキット」のパッケージ

「バラエティキット」で作れるもの

いずれもくわしい情報、作り方、どうやって遊べるかかなどはまだ明らかにされていないが、今後の更新で紹介されていくという。

バラエティキットは、5種類のおもちゃを作り、Nintendo Switchの画面と連動させて遊ぶことができる。作れるのはリモコンカー、つり、おうち、バイク、ピアノの5種類。コントローラー「Joy-Con」のセンサーを活用し、たとえばピアノであれば鍵盤を弾いて音が出る。バイクはコントローラーを入れたハンドルを動かすことで、画面のバイクを操縦できる。

ロボットキットでは、手に装着したコントローラーを動かしたり、足を動かしたりすると、画面上のロボットが動きに連動する。

ロボットキットの完成イメージ

ロボットキットの同梱物

さらに、これらのキットで作ったものを、マスキングテープやステンシルシート、シールなどでデコレーション出来る「デコるセット」も同じ4月20日から発売する。価格は980円。

また同社は、この「Nintendo Labo」を発売前に体験できるイベント「Nintendo Labo Camp」も東京・大阪で開催する。開催日は東京が2月17日・18日、大阪が2月24日・25日。小学生と保護者向けのペア限定イベント。1月31日までエントリーを受け付ける。

関連リンク

関連記事