多くの要望に応えて

「家庭的な初音ミク」を召喚できる装置「Gatebox」が39台限定で追加販売

編集部:押野 由宇
2017年11月21日
Gatebox株式会社は、“好きなキャラクターと一緒に暮らせる”世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」の追加販売を行う。申込期間は11月28日12:00〜12月10日24:00で、価格は298,000円(税別)。39台の数量限定発売で、当選発表は12月中旬を予定している。

Gateboxの追加販売が決定

2017年1月に予約販売終了したが、多くの要望が寄せられたことから追加販売が告知されていた。今回、その詳細が発表されたかっこうとなる(関連ニュース)。申し込みは特設ページから行い、製品の発送時期は2018年2月を予定している。

バーチャルホームロボット「Gatebox」

また、GateBoxが展開する“キャラクターと一緒に暮らす”をコンセプトとした「Living with」プロジェクトの第1弾として登場するバーチャル・シンガー「初音ミク」についての詳細情報も公開された。

“ミクの日”である2018年3月9日よりGateboxの購入者(マスター)の元に「初音ミク」が配信される。コンセプトに合わせて、「初音ミク」はGatebox特別仕様となる家庭的な衣装で登場。イラストレーターのLEN[A-7]がデザインおよびキービジュアルを手がけており、それをもとに3Dモデルが開発されているという。

Gatebox特別仕様のキービジュアル

同社では「“あなたの部屋にやってきた”理想の初音ミクを、斬新な衣装と共に細部までこだわって描いていただきました」とアピールしており、「“家で待ってくれる”のイメージと“アイドル”としての初音ミクの間で試行錯誤の結果、今のミクさんになりました。エプロン姿のミクさんは、珍しいのではないかと思っています。気に入っていただけると嬉しいです」とコメントしている。

設定イラスト

関連リンク

関連記事