ケーブルがよりすっきりと

PS VRに新モデル「CUH-ZVR2」。細部機構見直し、HDRパススルー対応

編集部:風間雄介
2017年10月02日
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、VRシステム PlayStation VR(PS VR)の最新モデル「CUH-ZVR2」を10月14日に発売する。PlayStation Cameraとセットのカメラ同梱版で、価格は44,980円(税抜)。

「CUH-ZVR2」のヘッドセット部

既存モデルの機構の一部を見直し、ユーザビリティ向上を図った。これまでのモデルは生産を終了し、本機へ切り替える。

具体的な変更点としては、VRヘッドセットの後部にステレオヘッドホン端子を配置。同梱ステレオヘッドホンを接続する際、ケーブルの配線をVRヘッドセットに一体化できる。

VRヘッドセットとプロセッサーユニットをつなぐケーブルも、これまでよりスリムな一本のケーブルに集約。さらにプロセッサーユニットをHDR映像のパススルーに対応させた。

また本機の発売に合わせ、日本国内での取り扱い店舗数を、これまでの394店から913店へと、大幅に拡大させる。

さらにPS Moveについても、性能を一部見直し、接続端子をUSB(Micro B)に変更したPS4専用モデルとして順次発売予定。

PS Move

関連記事