パイオニア、スマホ内の楽曲も使えるWi-Fi対応DJプレーヤー「CDJ-2000nexus」

ファイル・ウェブ編集部
2012年09月07日
パイオニア(株)は、スマートフォンやタブレット内の楽曲を使ってDJプレイできるWi-Fi対応のマルチプレーヤー「CDJ-2000nexus」を9月下旬より発売する。価格はオープンだが、190,000円前後での販売が予想される。


CDJ-2000nexus
本機は好評の既存モデル「CDJ-2000」から基本機能や操作性は継承しつつ、より直感的に楽曲を探し出せる選曲画面GUIや、ニードルサーチパッドの暗所での視認性向上、マスターテンポの音質改善などを行ったモデル。

大きな特徴はWi-Fiに対応した点。Wi-Fi、またはUSB接続されたスマートフォンやタブレット内の楽曲を使ってDJプレイが可能。楽曲の転送はiOS/Androidアプリ「rekordbox」を使って行う。また、Mac/Windows版管理ソフト「rekordbox」を使って、Wi-Fi経由でMac内の楽曲を転送することも可能だ。

最大4台のプレーヤーをLANケーブルで接続し、コンテンツ共有などを行える「PRO DJ LINK」機能も搭載。「PRO DJ LINK」で接続されている任意のプレーヤーで再生中の楽曲に、他のプレーヤーで再生する楽曲のテンポと拍位置をワンアクションで合わせることができる「BEAT SYNC」、再生中の楽曲のキーに対して、協和音となる楽曲を青色で表示し、簡単に探し出すことができる「TRAFFIC LIGHT」、設定したポイント(MEMORY CUE)までの拍数を正確に把握できるビートカウントと、楽曲のビート/小節を表示するフェーズメーターの情報を、「PRO DJ LINK」で接続されている他のプレーヤーで同時に表示することができる「BEAT COUNT」「PHASE METER」機能が用意されている。

ディスプレイは6.1型のフルカラーLCD。スマートフォンやタブレット、PCのほかにも、USBストレージデバイス、SDメモリーカード、音楽CDやDVDなどさまざまなメディアに対応する。再生可能フォーマットはMP3/AAC/WAV/AIFF。

関連記事