HOME > ニュース > iPhoneのバッテリー表示が数値+棒グラフに、iOS 16.1ベータ2で視認性を改善

ガジェットこれならひと目でわかる

iPhoneのバッテリー表示が数値+棒グラフに、iOS 16.1ベータ2で視認性を改善

Gadget Gate
2022/09/22 Munenori Taniguchi
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルは、今日リリースしたiOS 16.1ベータ2で、バッテリー残量表示に数値だけでなく棒グラフを重ねて表示する改善を導入した。これにより、以前よりもバッテリー残量が直観的に把握しやすくなっている。

iOS 15のときは、Face ID搭載のiPhoneを使用した際だとノッチの左右の表示領域が足りず、バッテリー残量の数値表示は省略されてしまっていた。しかしアップルはiOS 16でこれを復活させてユーザーからおおむね好評を得ていた。ただ、このバッテリー残量表示はバッテリーの形をしたアイコンの上に残量を数字でだけ表示したもので、その数値を読み取らなければ残量を知ることができなかった。

またiPhone 13 mini、iPhone 12 mini、iPhone XR、iPhone 11ユーザーはiOS 16を導入してもバッテリー残量表示がなく、悔しい思いをしていたことだろう。今回のベータ版では、これらのiPhoneでもふたたびバッテリー残量が表示されるようになる。重ねて棒グラフ表示もされることで、より残量がわかりやすくなった。

バッテリーへの負担を考えると、その残量は少なくとも50%前後をキープすることが望ましいが、充電する間もないほど忙しく働いている、また学業に励んでいる人たちにとってはそれは難しく、気が付いたら残り20%を切ってバッテリー残量表示も赤くなっている、といったこともあるはずだ。iOS 16.1の正式版でもバッテリー残量の数値と棒グラフ両方表示が提供されれば、少しは早めの充電ができるようになりそうだ。

なお、iOS 16.1ベータ2ではロック画面でもバッテリー残量表示に関する改善が施されている。こちらは、充電中にロック画面を表示した際に、時計表示の上に少しの間だけ、バッテリー残量が表示されるというもの。これはiOS 15にあった表示と同じもののようだ。

Source: MacRumors
via: Engadget

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック