動画時のリアルタイム瞳AFも

ソニー、新高級コンデジ「RX100 VII」。“α9”の超速AF/連射を小型ボディで実現、動画も強化

編集部:平山洸太
2019年07月26日
ソニーは、高級コンパクトデジタルカメラ“RX100 VII”「DSC-RX100M7」を8月30日から発売する。価格はオープンだが、145,000円前後での実売が想定される。

「DSC-RX100M7」

RX100 VIIは、同社が発売するミラーレス一眼カメラ「α9」のスピード性能を小型な本体で実現したとする新モデル。RXシリーズの特徴である1インチセンサーや従来どおりの本体サイズを継承しながらも、演算処理や連射、動画などの性能を従来モデル「RX100 VI」から向上させたとしている。

性能向上しながらも従来どおりのサイズを維持

大きな特徴は、新開発のメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」によるスピード性能の向上。画像処理エンジンにはα9やα7RIIIと同様の「BIONZ X」とフロントエンドLSIを搭載する。画素数は約2,010万画素で、感度はISO100-12800(拡張で64/80に対応)となる。

これらハードウェアの刷新により、リアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AFに新対応。リアルタイム瞳AFでは人物だけでなく動物にも対応する。また60回/秒のAF/AE演算処理に対応することで、α9と同等のトラッキング性能を実現したという。AF速度は従来の0.03秒から0.02秒に短縮された。

動物の瞳AFもできるように

センサーはスピードだけでなく、カラーフィルターの刷新により肌色や鮮やかな色など、色再現性も向上したとのこと。またAFポイントは像面位相差 357点/コントラスト 425点に増大、像面位相差AFのカバー率は68%に向上した。連射速度はAF/AE追従で20コマ/秒、新たにブラックアウトフリー撮影にも対応する。

背面部

天面部

新機能として、1回のレリーズで、90コマ/秒の速度で7枚の写真を撮影できる「ワンショット連続撮影」に対応。決定的な瞬間を取り逃がさないとのこと。そのほか電子シャッターを使用したサイレント撮影機能、高速の被写体であっても、歪みにくい電子シャッター(最大1/32000に対応)が可能なアンチディストーションシャッターにも引き続き対応する。

レンズはRX100 VIと同様に、高倍率ズームレンズ「ZEISS Vario-Sonnar T 24-200mm F2.8-4.5」を搭載。12群15枚の多枚数レンズを持ちながら、非球面レンズを効果的な配置や、全群をズーム稼働させることで小型化を実現。100mm相当(35mm換算)のズーム時においてもF4の明るさを維持するとアピールされている。

高倍率ズームレンズ「ZEISS Vario-Sonnar T 24-200mm F2.8-4.5」を搭載

テレ端(左)/ワイド端(右)の比較

光学式手ブレ補正機能や手ブレ補正アルゴリズムにより、望遠においても最大4.0段の補正効果に対応。望遠側や暗所といったブレやすい場面でも高いブレ軽減効果を発揮するとのこと。またタッチフォーカス/タッチパッドAF機能/タッチシャッター機能などタッチパネルを用いた操作が可能。そして新たに、タッチした場所のAF追従が可能なタッチトラッキング機能に対応した。

本機のもう1つの特徴として、動画機能の強化も挙げられる。映像表現にこだわるVloggerも想定され、プロレベルの動画性能を追求したとしている。画素加算のない全画素読み出し4K動画や、高ビットレートのXAVC Sフォーマットは従来どおり搭載する。対応フォーマットは、4K(30/24p)、フルHD(120/60/30/24p)。HLG/S-Log2/S-Log3にも対応する。

4K HDR動画が撮影可能。白とび/黒つぶれ抑えた動画が撮影可能とする

AFアルゴリズムの進化により、通常のAF精度/速度/追従性、低照度下でのAF精度/速度が向上したとのこと。そして新たに、α7R IVで搭載されたばかりとなる、動画撮影時のリアルタイム瞳AF(人物のみ)/リアルタイムトラッキングにも対応する。

動画時の手ブレも従来から進化。4K動画撮影時においても、アクティブモードでの手ブレ補正が可能となった。従来比から8倍の手ブレ補正効果を発揮するとしており、加えてフルHD撮影時においても補正効果が向上しているという。放熱構造の最適化などもあり、自動電源OFF設定を高に設定することで、5分以上の連続撮影も可能。動画撮影の30分上限は設定されていない。

マイク端子を新搭載した

4K撮影時に手ブレ補正「アクティブ」が設定可能に

またマイク端子を新搭載し、外部マイクの音声を本体で収録できるように。本体にはマイク取り付け用のシューは搭載されないが、シューティンググリップ(VCT-SGR1)、マイク用ブラケット(非売品)、追加バッテリー1個が本体に加えてセットになった、「シューティンググリップキット(DSC-RX100M7G)」(¥オープン/実売想定価格155,000円前後)も用意される。

シューティンググリップキットもラインナップ(写真のマイクは別売品)

EVFや背面液晶モニターについてはRX100 VIと同等で、EVFは0.39型 235万ドット相当の有機ELを採用。ファインダーはポップアップ式を従来どおり採用し、ポップアップするだけで使用できるワンプッシュアクセスに対応する。背面液晶モニターは3.0型 921,600ドットのタッチパネルで、チルトにも対応。先述したようにタッチを用いたAF操作などに対応する。なおメニューはタッチ操作できない。

ポップアップ式のEVFを内蔵。フラッシュもポップアップ式で搭載する

モニターは上約180度/下約90度のチルトに対応

そのほかの新機能・進化点として、フォーカス枠がホワイト/レッドから選べるように。フォーカスエリアの設定時に頻繁に使う種類だけを表示する設定や、フォーカス位置を上下左右端で循環できる設定、AF合焦枠表示の細分化や、ピーキング色の青色追加なども実施されている。

バッテリーは従来と同じNP-BX1を採用。SDカードスロットも同じ場所に搭載する

また顔/瞳AFのシーンごとの細かな設定、クリエイティブスタイルのシャープネス設定拡張(3→5)、オートHDRの画質向上、カスタムホワイトバランスの操作性向上、AWBロック機能なども行われた。動画では、インターバル撮影やXAVC Sファイルの名称設定に新対応。

インターバル撮影に新対応

そしてピント拡大時の初期倍率の設定種類、HDMI接続時にテレビ/カメラの同時表示、モアレやジャギーを抑えた表示を行うファインダーの「高画質モード」なども追加。メニューやカスタム機能では、Fnボタンのカスタマイズ性やメニュー画面の使いやすさの向上をはじめ、30個まで登録できるマイメニュー、よく使う機能をコントロールリングなどに設定できるマイダイヤルにも対応する。

動画/静止画ごとに異なるメニュー項目を使用できるように

アプリにおいては、「Movie Edit add-on」に対応するほか、スマートフォンによるリモートコントロールの強化、スマートフォンへのデータ転送の強化なども行われている。外形寸法は約101.6W×58.1H×42.8Dmmで、質量は約302g(バッテリー、メモリーカード含む)。バッテリー使用時間は約260枚(液晶モニター)/約240枚(ファインダー)。

関連リンク

関連記事