重さ420g

タムロン、小型・軽量を追求したEマウント用広角ズーム「17-28mm F/2.8 Di III RXD」。12.5万円

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2019年06月28日
タムロンは、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニーEマウント用広角ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)」を7月25日に発売する。価格は125,000円(税抜)。

「17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)」

「使用頻度の高いズームレンズだからこそコンパクトに」というコンセプトで開発されたモデル。「高い光学性能を保持しながらも、何よりも小型・軽量であること」を目指して設計したという。

ズーム域は焦点距離17-28mmという値に意図的に抑えることで、軽量小型化を追求。長さ99mm、最大径Φ73mmとなり、質量は420gとなっている。広角レンズながらフィルターを装着することが可能で、フィルター径はφ67mm。

レンズの明るさはズーム全域F2.8で、構成は11群13枚を採用する。3枚の非球面レンズに加えて、光に対する異常分散性をもつ特殊硝材「LD(Low Dispersion)」を2枚、蛍石に近い特性をもつ「XLD(eXtra Low Dispersion)」を搭載。これにより、色収差などの諸収差の抑制が図られた。

ゴーストやフレアの発生を低減させるコーティングとして「BBAR(Broad-Band Anti-Reflection)」が施される。また前玉の表面には、撥水性・撥油性をもつフッ素化合物の防汚コートも備える。なお手ぶれ補正は搭載しない。

最大撮影倍率は1:6となり、近接能力も追求された。広角端(17mm)では0.19m、望遠端(28mm)では、0.26mまでよって撮影することが可能だ。そのほかAFでは、レンズ位置を計測するセンサーと、ステッピングモーターユニット「RXD」搭載により、高速かつ精密なAF動作を実現したとのこと。静粛性に優れるため、動画撮影にも活用できるという。

デザインでは、ズームリングを前方に、フォーカスリングを後方に配置している。これは先行して発売された同シリーズの標準ズーム「Model A036」と操作感を統一したためだという。ルミナスゴールドリングがあしらわれ、マウントには金属を採用、主要な箇所には防滴用のシーリングが施されるなど、細部までこだわったとしている。

そのほか、ファストハイブリッドAF、瞳AF、ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)、カメラ内レンズ補正、カメラによるレンズ本体ファームウェアアップデートに対応する。

関連記事