世界最高水準の粒状性を実現

富士フイルムの「黒白フィルム」復活。35mm/ブローニーサイズの2種類を今秋発売

編集部:押野 由宇
2019年06月10日
富士フイルムは、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を新開発。35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を2019年秋に発売予定であることを発表した。

「ネオパン100 ACROSII」

同社では黒白フィルムの需要の減少と、生産に欠かせない原材料が入手困難になったことから、黒白フィルムの販売を昨秋に終了。しかし、「フィルム愛好家をはじめフィルム独特の風合いによる写真を好むSNS世代の若年層の方を中心に、当社の黒白フィルムの販売継続を望む声が多く寄せられた」ことを受け、販売再開に向けた検討を進めてきたという。

今回、入手困難になった原材料の代替品の研究や新たな原材料に合わせた製造プロセスの抜本的な見直しにより、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」の開発に成功したとしている。

「ネオパン100 ACROSII」は、同社独自の「Super Fine-Σ粒子技術」を採用することにより、感度ISO100の黒白フィルムとして世界最高水準の粒状性を実現。従来品「ネオパン100 ACROS」に比べハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現が可能であるほか、世界最高水準のシャープネスにより、被写体の輪郭を強調した描写が可能となる。

こうした特徴から、風景・山岳写真、ポートレート、製品写真、建築写真から、長露光撮影の天体・夜景写真など幅広い分野の撮影に適しているという。

関連記事