BLEでスマートデバイスと接続

ニコン、デジタル一眼レフ入門機「D3400」。スマホ自動転送機能を搭載

編集部:風間雄介
2016年08月23日
(株)ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデルとして、「D3400」を9月16日に発売する。

「D3400」(ブラック)

「D3400」(レッド)

価格はオープンだが、ボディ単体は65,000円前後、18-55mmレンズキットは75,000円前後、18-55mm/70-300mmのダブルズームレンズキットは105,000円前後での販売が想定される。ボディカラーはブラックとレッドの2色を用意する。

BLE(Bluetooth low energy)技術を搭載し、アプリ「SnapBridge」を入れたスマートフォンやタブレットと接続可能。本機で撮影した写真を自動でスマートデバイスへ転送できる。なおSnapBridgeはiOS/Android版が用意されている。

カメラとスマートデバイスとの接続は最初の1回だけでOKで、カメラの電源OFF時にもスマートデバイスとの接続状態を維持できる。

カメラとしての基本性能も高め、ISO感度は100〜25600までを常用域とした。画像処理エンジンはEXPEED 4となる。センサーはDXフォーマット(23.5×15.6mmサイズ)のCMOSセンサーで、画素数は2416万。光学ローバスフィルターレス仕様となっている。

さらに一回の充電で約1200コマの撮影ができるロングバッテリー性能も実現。記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカードとなる。液晶モニターは3型で、約92万ドット。視野角は170度。

本体外形寸法は約124W×98H×75.5Dmm、質量は約395g(本体のみ)。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドNIKON
  • 型番D3400
  • 発売日2016年9月16日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格65,000円前後/ボディのみ)
【SPEC】●有効画素数:2,416万画素 ●撮像素子:23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー、総画素数2,472万画素 ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●モニター:3型TFT液晶モニター、約92万ドット(VGA) ●外形寸法:約124W×98H×75.5Dmm ●質量:約445g(バッテリーおよびSDメモリーカード含む、ボディーキャップ含まず)

関連記事