写真家・金城真喜子氏とネイキッド代表・村松亮太郎氏による展覧会

写真とプロジェクションマッピング、植栽を組み合わせた展覧会が開催中

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月18日
写真とプロジェクションマッピング、植栽を組み合わせた展覧会「Light & Nature 〜Photography and the Art of Projection」がリコーイメージングスクエア新宿のギャラリーで開催されている。入場は無料で、会期は12月22日まで。

展覧会イメージ写真

今回の展覧会は、写真家の金城真喜子氏が中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」で撮影した写真に、村松亮太郎氏がプロジェクションマッピングと植栽による総合演出を行う。

村松亮太郎氏は、新江ノ島水族館「ナイトアクアリウム」や東京駅3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」などの演出を手がけた株式会社ネイキッドの代表。

来場者に配布するパンフレットでは、紙とデジタルの情報の連携を実現するタブレット端末・スマートフォン向けアプリケーション「RICOH TAMAGO Clicker」を使用してスペシャルコンテンツが楽しめるとのこと。

<展覧会概要>
【展覧会名称】「Light & Nature 〜Photography and the Art of Projection」
【会期】2014年12月10日(水)〜12月22日(月)
【開館時間】火曜日を除く10:30〜18:30(最終日16:00終了)
【会場】リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーI&II
【会場住所】東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
【電話】03-3348-2941

関連記事