リコー、“合体デジカメ”「GXR」のファームを更新 ー 撮影表現・使い勝手の機能を拡張

ファイル・ウェブ編集部
2012年03月14日
(株)リコーは、09年12月発売のユニット交換式デジタルカメラ「GXR」向けに、機能拡張を行う第5弾ファームウェアを3月15日にリリースする。


GXR
今回のファームウェアにより、本機に対応する全カメラユニット共通で下記の機能が拡張される。

1. シーンモードでAE/AFターゲット移動が可能に
2. ISO感度設定ステップの切り替えが可能に
3. ISOブラケット機能を追加
4. インターバル撮影機能を拡張
5. マニュアルモード選択時にもISO Autio/Auto-Hiが有効に
6. 撮影条件維持機能を追加
7. スリープ/オートパワーオフ時間設定機能を拡張
8. RAWのみ記録が可能に
9. Exifへの著作権情報入力が可能に
10. メニューからファームウェアのバージョンアップが可能に
11. マイセッティングのカードへの保存機能を追加

また「RICOH LENS S10 24-72mm/RICOH LENS P10 28-300mmカメラユニット」では以下の機能が拡張される。

1. バルブ/タイムが選択可能に

機能拡張ファームウェアと、機能の使用説明書はリコーのウェブサイト上から無償でダウンロードできる。


【問い合わせ先】
(株)リコー お客様相談センター
TEL/050-3786-3999

関連リンク

関連記事