HOME > ニュース > 『タイタニック』が初4K UHD BD化。ジェームズ・キャメロン監督6作品の初UHD/コレクターズエディションが発売

『アバター』シリーズはDolby Visionで本編収録

『タイタニック』が初4K UHD BD化。ジェームズ・キャメロン監督6作品の初UHD/コレクターズエディションが発売

2024/02/07 編集部:杉山康介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、『アバター』『タイタニック』などジェームズ・キャメロン監督作品6タイトルの4K UHD BD/コレクターズエディションを3月27日より順次発売する。ラインナップは以下の通り(価格は全て税込表記)。

(c) 2024 20th Century Studios.

【3月27日発売】
・『アバター 4K UHD コレクターズ・エディション(数量限定)』:11,990円
・『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター 4K UHD コレクターズ・エディション(数量限定)』:11,990円
・『タイタニック 4K UHD 25周年アニバーサリー・エディション(数量限定)』:16,500円
・『タイタニック 4K UHD』:7,590円

【4月10日発売】
・『トゥルーライズ 4K UHD』:7,590円
・『アビス 4K UHD』:7,590円
・『エイリアン2 4K UHD』:7,590円

『アバター』『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は初のコレクターズエディション、『タイタニック』『トゥルーライズ』『アビス』『エイリアン2』は初の4K UHD BDが登場。

『アバター』は2022年のリマスター版162分と特別編171分、エクステンデッド・エディション178分の3種を収録するほか、日本初のディスク化となる3Dブルーレイを用意。ボーナスディスク2枚には「ジョン・ランドーによる制作秘話」「クオリッチ大佐のプロモーションビデオ」など新規コンテンツ4種が追加された、約1時間超のボーナスコンテンツを収録するという。

『アバター』コレクターズ・エディションの内容一覧

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は「『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の思い出」「段階別に見るモーションキャプチャー」、未公開シーン、メイキング映像などボーナスディスク1枚分、9種類のコンテンツが新規追加。また、両作とも4K UHDにはDolby Visionで本編を収録する。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』コレクターズ・エディションの内容一覧

『タイタニック』初の4K UHDには日本テレビ版吹替(石田彰バージョン)の本編を初収録。さらにキャメロンほか3種の音声解説を収録する。なお、日本テレビ版吹替は現存する放送当時のものであり、一部の吹替音源がない部分、および調整が必要な部分はオリジナル音声(字幕スーパー付き)となっている。

『タイタニック』初4K UHDには日本テレビ版吹替を収録

ボーナスディスクにはキャメロンらが撮影秘話などを語る新映像や、キャメロンが「ボートの綱はナイフで切れるのか?」「ジャックは生き残れたのでは?」などの疑問を検証するドキュメンタリーなど、新規コンテンツ4種を含む6時間超のボーナスコンテンツを収録する。

さらにコレクターズエディションは、製作25周年を記念して作られたブックレットや「タイタニック号の設計図」「ジャックからローズへ宛てたメモ」など小道具のレプリカ、主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」の楽譜を同梱する。

『タイタニック』コレクターズ・エディションの内容一覧

『トゥルーライズ』『アビス』『エイリアン2』3タイトルも今回が初の4K UHD化であり、それぞれボーナスディスクに新規ボーナスコンテンツを収録している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック