HOME > ニュース > SUPERTFZ、モニター向けに“再構築”したカナル型イヤホン「FORCEKING」。デュアルマグネットユニットを搭載

ブラック/シルバーの2色を展開

SUPERTFZ、モニター向けに“再構築”したカナル型イヤホン「FORCEKING」。デュアルマグネットユニットを搭載

2023/05/24 編集部 : 伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
伊藤屋国際は、SUPERTFZブランドのカナル型イヤホン「FORCEKING」を5月26日より発売する。価格はオープンだが、市場では税込22,000円前後での実売が予想される。カラーバリエーションはブラック/シルバーの2色を用意する。

「SUPERTFZ FORCEKING」(ブラック)

「SUPERTFZ FORCEKING」(シルバー)

「FORCEKING」は、TFZブランドから発売したイヤホン「KINGシリーズ」をベースに、ステージモニターを展開するSUPERTFZブランドの製品として再構築したというモデル。

チューニングには、総勢20組を超えるアーティストやサウンドエンジニアが参加。プロの知見を取り入れることで、ステージライブやミキシング作業の現場で求められる、色付けのない素直なサウンドを提供するとしている。

11.4mmのダブルマグネティックサーキットグラフェンドライバーを搭載

ドライバーには、2つのN52ネオジウムマグネットを組み合わせた、11.4mmのダブルマグネティックサーキットグラフェンドライバーを搭載する。一般的なシングルマグネットユニットと比較して動作効率が大幅に向上しており、モニターライクなクリアさと、力強い低音を兼ね備えたという。

ハウジングには、フェイスプレート側にCNC加工を施したアルミニウム、シェル側には軽量なABS樹脂を採用する。ミラー仕上げされたアルミプレートと、透明度の高いABS樹脂の組み合わせによる美しい外観に加えて、人間工学に基づく本体形状によって、軽量かつ快適な着け心地を実現したとアピールしている。

装着イメージ

ケーブルは銀コートOFC仕様で、2Pin(0.78mm)コネクターによる着脱に対応。ケーブル長は約1.2m、プラグは3.5mmストレート。再生周波数帯域は20Hz - 40kHz、インピーダンスは16Ω、感度は113dB。本体質量は片側5.8g。シリコンイヤーピース2種を3サイズ(S/M/L)各1ペアずつ、3.5mm to 6.3mmステレオ変換プラグ、キャリングポーチなどが付属する。

付属ケーブル

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック