HOME > ニュース > Amazon Music、プライム会員特典が1億曲以上に拡充。新ポッドキャスト番組も

ただしシャッフル再生でSD音質のみ

Amazon Music、プライム会員特典が1億曲以上に拡充。新ポッドキャスト番組も

2022/11/01 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Amazonは、プライム会員向けの特典として提供しているAmazon Musicでの聴き放題楽曲について、対象楽曲数を拡大。これまでの200万曲から1億曲以上に対象楽曲数を増やし、新たなポッドキャスト番組とともに本日11月1日より提供を開始した。

200万曲から1億曲以上に大幅増加

また、ELLEGARDENのトリビュートアルバムをAmazonオリジナルで制作し独占配信すること、および同作品もプライム特典に含めることなども明らかにした。

プライム会員向けの特典を拡充。「Amazon Music Unlimited」と同じ1億曲以上が聴き放題になった。ただし、シャッフル再生のみとなる点と、SD音質のみの再生となる点が “Unlimited” との主な違い。

ユーザーは、1億曲以上の楽曲セレクションから、アーティスト、アルバム、プレイリストをシャッフル再生で利用可能。なお、リスナーの好みに合わせてカスタマイズされる一部のプレイリストで、プレイリスト内の楽曲をオンデマンド再生(曲を選んで再生)することができる。また、リスナー向けにカスタマイズされた一部プレイリストはダウンロードしてオフラインで再生することもできる。

ELLEGARDENのトリビュートアルバムは、「ELLEGARDEN TRIBUTE(Amazon Original)」と題して11月11日より全世界独占配信。VaundyやBiSH、マカロニえんぴつなど7組のアーティストがELLEGARDENの楽曲をカバーする作品で、前述のとおりプライム会員であればUnlimited未加入でも本作も聴き放題で楽しめる。参加アーティストは下記の通り。

・Vaundy 「Missing」
・My Hair is Bad 「金星」
・BiSH 「ジターバグ」
・マカロニえんぴつ 「高架線」
・山本彩 「風の日」
・BLUE ENCOUNT 「The Autumn Song」
・Saucy Dog 「虹」

なお、ELLEGARDENについては、Prime Videoにてドキュメンタリーフィルム「ELLEGARDEN LOST & FOUND」を11月25日から独占配信することも発表。Prime Videoはプライム会員であれば制限なく利用できるため、同作も視聴できることになる。

ELLEGARDENとのコラボ施策も展開

ポッドキャストは新たに5本を独占配信予定。第一弾として、お笑いタレントの木村祐一がインタビュアーとなり、吉本興業所属の芸人合計24組の素顔に迫るドキュメンタリー「ワレワレハワラワレタイNEXT」を本日11月1日から独占配信開始した。

そして11月初旬には、みちょぱこと池田美優出演の「#みちょパラ」、俳優 山崎育三郎が趣味や出演作品についての話やゲストとのスペシャルトークを展開する「山崎育三郎のI AM 1936」、山下健二郎が三代目としての活動や多彩な趣味、リスナーから募集した投稿をテーマに語る「三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE」を配信。

続いて11月15日からは、Z世代インフルエンサーである長谷川ミラと佐藤マクニッシュ怜子の2名がゲストとともに社会への違和感やリスナーからの悩みについて考える「THE BOSS TALK by TOKYO YOUNG BOSS」も独占配信する。

Amazon Music Japanの島田和大氏は、より多くの音楽をユーザーに届ける「More Music」と、音楽をより楽しんでもらうために音楽以外のコンテンツもユーザーに届ける「More Than Music」という考えがAmazonにはあると説明。こうした考えが今回のAmazon Musicプライム特典楽曲拡大の背景にあるとし、ファンとアーティストの距離を近づけ、ユーザーの音楽体験をより豊かにすると語った。

Amazon Music Japan ディレクター&ゼネラルマネージャー 島田和大氏

また、同じくAmazon Music Japanの今井陽子氏はポッドキャストについて、今回の新番組追加にとどまらず今後もポッドキャストカテゴリーの認知拡大および啓蒙活動を行っていくとコメント。より広いリスナー層のニーズに合った幅広いコンテンツを提供するとともに、リスナーの反応を検証しつつ柔軟なコンテンツの調達と編成を行っていくとした。

Amazon Music Japan ポッドキャスト シニアコンテンツアクイジションマネージャ 今井陽子氏

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク