HOME > ニュース > フィリップス、独自のANC技術を採用したワイヤレスヘッドホン「TAH8856」

イメージアーティストに神野美伽さんを起用

フィリップス、独自のANC技術を採用したワイヤレスヘッドホン「TAH8856」

2022/08/23 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
TP Visionは、PHILIPS(フィリップス)のワイヤレスヘッドホン「TAH8856」を8月26日より発売する。価格はオープンだが、税込18,800円前後での実売が予想される。カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ブルーの全3色を展開する。

「TAH8856」

4基のマイクとデジタル処理を組み合わせた、独自のハイブリッドアクティブノイズキャンセリング(ANC)技術「Noise Canceling Pro」を採用するワイヤレスヘッドホン。7月10日に開催された「ポタフェス2022 大阪・なんば」にて先行出展もされていたが、この度正式に国内販売が決定した。

40mm径のドライバーを搭載し、迫力のある低音と解像度の高いサウンド、圧倒的な没入感を提供するとアピールする。ヘッドホンを装着したまま外音を聞ける「アウェアネス機能」もサポート。同梱ケーブルを使用しての有線接続も可能で、有線時にはハイレゾ再生にも対応する。

有線接続にも対応

連続再生時間はANCオフ時で最大60時間。15分間の充電で8時間再生が可能な高速充電にも対応する。専用アプリに対応し、イコライザーの設定やノイズキャンセリングのモード変更など各種設定が行える。

通話面では、クリアな音声通話を可能にする通話用マイクとボリュームコントロールを本体に搭載。最大2基のBluetoothデバイスに同時接続可能なマルチポイント接続もサポートする。装着面では軽量かつ滑らかな着け心地によって、快適な装着感とフレキシブルながら高い耐久性を備えるという。

Bluetoothバージョンは5.0、コーデックはAAC/SBC、プロファイルはA2DP/AVRCPHFPをサポート。再生周波数帯域は、Bluetooth接続時が20Hz-20kHz、有線接続時が20Hz-50kHz。付属品として、USB Type-Cケーブル、3.5mmアナログケーブル、キャリーポーチなどを同梱する。

さらに、TAH8856および今年4月に国内発売された完全ワイヤレスイヤホン「TAT5556」のイメージアーティストとして、日本人ソロアーティスト初の韓国デビューを果たし、全米最大級の音楽コンベンション「SXSW」出演など海外でも精力的に活動する、歌手の神野美伽さんが起用されることが発表された。

歌手の神野美伽さん

本決定の理由については、同社がリスペクトするアーティスト像と、日本語だけでなく韓国語、中国語、英語などの複数の言語で歌う神野さんの活動スタンスがマッチしたことから、この度イメージアーティストとしてオファーしたと説明している。

合わせて、TAH8856およびTAT5556が登場する「PHILIPS Audio x 神野美伽 プロモーションビデオ」も公開。神野美伽さんがオリジナル楽曲『泣き上手』を日中韓の3ヶ国語で唄い分けている様子が見られるほか、普段見ることのできないレコーディングやスタジオワークを垣間見ることができる貴重な映像となっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク