HOME > ニュース > AZLA、2通りの聴こえ方を切り替えられるライブ用耳栓「POM1000」

イヤホンと同じイヤーピース取り付け式

AZLA、2通りの聴こえ方を切り替えられるライブ用耳栓「POM1000」

2022/08/19 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アユートは、同社取り扱いブランドAZLAから、密閉モード/開放モードの切り替え機構を搭載したライブ用イヤープラグ(耳栓)「POM1000」を、本日2022年8月19日より発売する。価格は6,580円(税込)。カラーバリエーションはブラック/ガンメタルの2色を展開する。

「POM1000」(ブラック/ガンメタル)

ライブなどの大音量環境において、音質は可能な限り損なわず音量だけを自然に減衰させることで、聴覚を保護しながら音楽を楽しめるよう設計されたイヤープラグ。一般的なカナル型イヤホンと同様、先端にイヤーピースを取り付けて耳にフィットさせる設計となる。

特許取得済みの独自機構により、密閉モード/開放モードの2つの遮音モードを切り替えることが可能。密閉モードは最大-35dB(2 - 3kHz)の高い遮音性を実現し、特に高周波など微細な音まで軽減。もう一方の開放モードはコンサートホールなどの環境を想定したもので、より自然な聴こえ方を追求。エアーホールにより空気循環を行うことで、耳の蒸れや湿気も軽減できるという。

スイッチ操作により遮音モードを切り替えられる

開放モードではエアーホールにより空気循環を行い、耳の蒸れや湿気も軽減できるという

イヤーピースとして、医療用シリコン素材を採用した「SednaEarfit MAX」のS/M/Lサイズ、温められることで柔らかくなるTPE素材を採用した「SednaEarfit XELASTEC」のSS/MS/MLサイズが付属。ノズル部に適合すれば一般的なイヤホン用イヤーピースを装着することも可能で、これにより好みに応じて自由にフィット感を調整できるとしている。

AZLAブランドのイヤーピース「SednaEarfit MAX」(左)/「SednaEarfit XELASTEC」(右)が3サイズずつ付属

そのほか、紛失防止のためのイヤープラグストラップ、携帯用アルミケース、キャリングポーチが同梱する。

ケースやイヤープラグストラップなども同梱

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク