HOME > ニュース > TFZ、“第4世代テスラダイナミックテクノロジー”採用のカナル型イヤホン「SUPERTFZ FORCE1」

ハウジングは樹脂製ワンピース製法を採用

TFZ、“第4世代テスラダイナミックテクノロジー”採用のカナル型イヤホン「SUPERTFZ FORCE1」

2022/07/11 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
伊藤屋国際は、同社が取り扱うTFZブランドのカナル型イヤホン「SUPERTFZ FORCE1」を7月15日より発売する。価格はオープンだが、税込14,800円前後での実売が予想される。

「SUPERTFZ FORCE1」

「SUPERTFZ FORCE1」は、磁束密度を強化した「第4世代テスラダイナミックテクノロジー」を採用するカナル型イヤホン。強力な振動板との組み合わせにより、ステージモニターレベルのイヤホンながら、より豊かな音場を楽しめるとアピールする。

ハウジング素材には、樹脂を使用したフルハンドメイドによるワンピース製法を採用し、クリスタルをイメージさせるシンプルかつ透明感のある質感を追求している。

ハウジングはクリスタルをイメージさせるシンプルかつ透明感のある質感

ドライバーには、ダブルマグネティックサーキット(デュアル磁気回路)を採用した、10.2mmのダイナミック型を搭載。音場帯域を拡張させ、音楽品質と再現性において高いパフォーマンスを発揮すると説明する。

ダイナミックコイルには、新素材のナノベリリウムコーティング振動板を採用。生演奏に迫るかのようなクリアな解像度を実現しながら、音の細部をより鮮やかに捉えてステージレベルの音場を再現する。

緻密な設計を施した高調波銅シャーシは歪率を0.5%まで低減することで、没入感や音質が向上し、絹のような柔らかい音色が耳元で響き渡るとのこと。

ケーブルにはリケーブル可能な0.78mmの銀メッキOFCケーブル(2pin)を付属。音の損失が少なく、同モデルの性能を余すことなく発揮する。

付属ケーブルイメージ

再生周波数帯域は5Hz〜40kHz、インピーダンスは32Ω、感度は105dB。本体質量はケーブルと合わせて39.4gとなる。付属品として、シリコンイヤピース2種を各3サイズ(S/M/L)、ソフトキャリングケース、冊子を同梱する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック