HOME > ニュース > Sonos、独自の音声操作システム「Sonos Voice Control」発表。「Hey Sonos」で音楽再生

日本での提供は現時点で未定

Sonos、独自の音声操作システム「Sonos Voice Control」発表。「Hey Sonos」で音楽再生

2022/05/12 編集部:杉山康介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Sonosは、ブランド初となる独自の音声操作システム「Sonos Voice Control」を発表。アメリカで6月1日、フランスで今年後半から提供開始する。

「Sonos Voice Control」発表

同社によると、コンテンツと最も自然に繋がる手段として「声」が挙げられるが、多くのユーザーは音声操作に対してプライバシーの懸念を持っており、また既存サービスの精度やスピードに不満を持つ方も多いという。

Sonos Voice Controlはそれを受けて開発されたもので、プライバシー保護を考慮したデザインを採用し、ローカル処理によって応答時間の速度を向上。すでにSonos製品に採用されているAmazon Alexaとは異なり、Sonosアプリのアクションを声で行える「好きな音楽を聴くためだけにフォーカスした」サービスだとしている。

Sonosの音声対応製品の全てで使用可能

Sonosの音声対応スピーカー全製品が対応するサービスで、ユーザーは「Hey Sonos」と声をかけることで使用可能。ボイスには『ブレイキング・バッド』『ベター・コール・ソウル』『マンダロリアン』などで知られる米俳優、ジャンカルロ・エスポジート氏の声を採用しており、今後さまざまな人の声を加えていく予定とのこと。

ボイス第1弾には米俳優ジャンカルロ・エスポジート氏の声を採用

先述の通りサービスはアメリカで6月1日、フランスで今年後半から提供開始予定。順次利用可能な国・地域を拡大していく予定だが、日本での提供は現時点で未定となっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク