HOME > ニュース > JVCケンウッド、家庭用ビデオカメラの生産終了を発表

2022年第3Qの決算概況にて

JVCケンウッド、家庭用ビデオカメラの生産終了を発表

2022/02/03 ファイルウェブ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
JVCケンウッドは、2022年3月期 第3四半期の決算概況説明において、家庭用ビデオカメラの生産を終了したことを明らかにした。

JVCケンウッド Everio Rシリーズ「GZ-RX690」

JVCケンウッドのビデオカメラは、1984年度から出荷を開始、2021年度までの累計出荷台数は約3,600万台を超えているが、ここ数年は特にスマートフォン等の動画撮影ができるデバイスの登場により需要が低迷。2021年10月に生産終了に至ったとのこと。家庭用ビデオカメラの展開は市中在庫限りとなり、公式サイトでは現在、特定販路向け製品を除き、すべて在庫僅少と案内されている。

なお、これまでに培ってきた高精細・高画質を実現する映像技術のノウハウは、プロジェクター、リモートカメラ、ドライブレコーダー等の成長産業にさらに注力するとしている。

2022年3月期 第3四半期の決算概況に関しては、半導体等の部品供給不足による影響を大きく受けたものの、新型コロナウイルス感染症による影響は減少。徐々に市場が回復基調となったことで、前期並みの売上収益を実現したと説明した。

メディアサービス事業に関しては、ホームオーディオやポータブル電源、プロジェクターの新製品等がテレワークや巣篭もり需要の増加に伴い好調なほか、業務用リモートカメラも好調に推移しているという。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック