『呪術廻戦』が続く

2021年の動画配信ランキング、TOP11までアニメが席巻。『鬼滅』が首位、実写1位は『孤独のグルメ』

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部
2022年01月14日
GEM Partnersは、2021年の定額制動画配信サービスにおける視聴ランキングの総括を発表した。

本ランキングは、エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成されたもの。2021年1月9日から2022年1月1日までの毎週土曜日、過去1週間以内にそのコンテンツを見た人の多さを“視聴者数pt”として算出し、19の定額制動画配信サービスの視聴者数ptを横断して集計されている。

調査対象のサービスはABEMAプレミアム、Amazonプライム・ビデオ、Apple TV+、dTV、dアニメストア、FOD、Hulu、J:COMオンデマンド、Netflix、Paravi、Rakuten TV、SPOOX、TELASA、TSUTAYA TV、U-NEXT、アニメ放題、ディズニープラス、バンダイチャンネル、ひかりTVビデオサービス。

2021年の年間総合ランキング1位はアニメ『鬼滅の刃』が獲得。2021年上半期の総合ランキングでは『呪術廻戦』が1位に入ったが、年間では『鬼滅の刃』が上回った。テレビアニメ版「無限列車編」の放送・配信が始まった10月以降に伸びを見せている。続く2位が『呪術廻戦』、3位に『東京リベンジャーズ』と、2021年に劇場版が公開されて話題度が高まったコンテンツが多く視聴されている。

2021年全体TOP30

アニメ以外で最も順位が高かったのは、12位に入った日本のドラマ『孤独のグルメ』。日本ドラマで唯一のTOP30入りとなっている。

バラエティでは、Amazonプライム・ビデオで独占配信されているAmazonオリジナルの『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』が13位と最も上位にランクイン。同じくAmazonオリジナルでは、下半期に配信が始まった『バチェラー・ジャパン』も28位に入った。また、TOP30ではそのほか『相席食堂』が17位にランクインしている。

海外ドラマからは米ドラマシリーズの2作品、『ウォーキング・デッド』(15位)、『NCIS〜ネイビー犯罪捜査班』(23位)に加え、Netflixオリジナルの韓国ドラマ2作品、『イカゲーム』(16位)、根強い人気を誇る『愛の不時着』(20位)がTOP30にランクインした。

サービス別ランキング

関連リンク

関連記事