2021年11月6日までの2週間集計

Victor初、“木の振動板”完全ワイヤレス「HA-FW1000T」が早くも上位圏内に登場!ヘッドホン売れ筋ランキング <e☆イヤホン>

  • Twitter
  • FaceBook
PHILEWEBビジネス編集部
2021年11月12日
イヤホン・ヘッドホン ランキング by「e☆イヤホン」
2021年11月6日までの2週間集計

専門店「e☆イヤホン」(大阪府大阪市)提供、イヤホン/ヘッドホン/ポータブルプレーヤーの2Weeksの売れ筋ランキングBEST5をお届けします! (前回のランキングはこちら


完全ワイヤレスイヤホン

1 SONY「WF-1000XM4」

SONY「WF-1000XM4」

2 ag「COTSUBU」
3 SONY「WF-C500」
4 ANIMA「ANW01」
5 Victor「HA-FW1000T」

今回も1位は不動、今年6月発売のSONY「WF-1000XM4」が獲得している。5位に11月発売の新製品Victor「HA-FW1000T」が早くも登場。JVCブランドやビクターブランドの有線イヤホン/ヘッドホンで“WOODシリーズ”として展開してきた“木”の振動板を、完全ワイヤレスで初めて採用したモデル。有線ハイクラスイヤホン相当の高音質を実現したとしている。


ワイヤレスヘッドホン

1 SONY「WH-1000XM4」

SONY「WH-1000XM4」

2 ag「WHP01K」
3 SONY「WH-CH510」
4 SONY「WH-XB910N」
5 audio-technica「ATH-S220BT」

2020年9月発売のSONY「WH-1000XM4」がまたも1位を獲得している。今年6月発売のaudio-technica「ATH-S220BT」が5位に入った。質量約180gの軽量設計、様々なユーザーの頭の形にフィットすることを目指した本体デザインを採用。長時間の使用でも疲れにくい快適な装着性が特徴となっている。


ワイヤードヘッドホン

1 Razer「Kraken」

Razer「Kraken」

2 EPOS JAPAN「EPOS H6PRO 密閉型」
3 EPOS JAPAN「EPOS H6PRO 開放型」
4 EPOS JAPAN「EPOS H3 Hybrid」
5 SENNHEISER「HD 800S」

Razer「Kraken」がまたも1位を獲得。ヘッドバンドのパットを厚く仕上げて頭部にかかる圧力を軽減、長時間でも快適に使用できる。クリアで深みのあるパンチの効いた低音でワイドなサウンドスケープを実現、ゲームプレイ時にあらゆる音のディテールが体感できる。


ワイヤレスイヤホン

1 AfterShokz「AEROPEX」

AfterShokz「AEROPEX」

2 AfterShokz「Aeropex Play」
3 AfterShokz「OpenMove」
4 Jabra「TALK 45」
5 TaoTronics「TT-BH026」

今年4月発売、AfterShokz「AEROPEX」が1位を獲得。ミニサイズの骨伝導ワイヤレスヘッドホンで、耳を塞がないオープンイヤーデザインを採用しているので、通学、アウトドア、エクササイズ、スポーツ中に安全、安心に音楽を楽しむことができる。


ワイヤードイヤホン

1 ADV.「Sleeper Loop」

ADV.「Sleeper Loop」

2 ALPEX 「Hi-Unit HSE-A2000PN」
3 SHURE「SE215SPE-A」
4 SHURE「SE215 Pro Line」
5 intime「碧(SORA)-Light」


10/29発売の新製品、ADV.「Sleeper Loop」が早くも1位を獲得した。“寝ながら使えるイヤホン”〜“寝ホン”などとも呼ばれるジャンルの新モデル。従来から引き続きハウジング部をシリコン素材とし、寝転んで使っても痛くないよう配慮、ハウジング形状を改良し、フィット感をさらにカスタマイズした。横になった時に違和感なく使えるようハウジングがフラットシェープになっている。


ポータブルオーディオプレーヤー

1 SHANLING「M3X」

SHANLING「M3X」

2 HiByMusic「R3Pro」
3 SONY「NW-ZX507」
4 Astell&Kern「A&futura SE180 SEM1 Moon Silver」
5 HiByMusic「R5」

今年3月に発売されたSHANLING「M3X」が位となった。ハイエンドモデルで培われた技術とESS社製最新DACチップ「ES9219C」により、最大23時間のバッテリーライフと上位機種と同等以上のサウンドクオリティを実現した。ES9219C×2のデュアルDACとなり、最大384kHz/32bitまでのPCM、最大11.2MHzまでのDSD再生をサポート。MQAファイルのフルデコードにも対応する。

関連記事