上位機譲りのドライバーは引き続き搭載

ゼンハイザー、2万円切りのエントリー向け新完全ワイヤレス「CX True Wireless」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2021年06月29日
ゼンハイザーは、完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデル新製品「CX True Wireless」を、7月8日より発売する。価格はオープンだが、税込17,380円前後での実売を予想。予約は本日6月29日より開始され、また7月1日からは展示も開始される予定となっている。

CX True Wireless

同社が昨年発売した完全ワイヤレス「CX 400BT True Wireless」の後継モデル。前機から引き続き「MOMENTUM True Wireless 2」同等の7mmダイナミック型ドライバーを搭載するなどクオリティは維持しつつ、ハウジングをはじめとしたプラットフォームに共通のものを使うことなどにより、前機(予想実売価格23,500円前後)からの低価格化を実現したという。

「上質な音質、それが全て」と打ち出す通り、ゼンハイザーとして原音再生を追求しながら、若いユーザーからの声に応えて「ベースブースト機能」を新搭載。ナチュラルな中音域とクリアな高音に加え、ベースブーストを用いた場合は存在感ある低音により、より深いリスニング体験を届けるとしている。再生周波数帯域は5Hz-21kHzで、感度は110dB SPL(1kHz/0dBFS)。

再生時間はイヤホン単体で最大9時間、ケース充電併用で最大27時間。充電時間は1.5時間だが、15分の充電で1時間の使用が可能な急速充電にも対応。片側2つずつマイクを搭載するため、通話時も声をしっかりキャッチし、相手に伝えるとする。

IPX4の防水性能や片側での独立使用機能も新搭載しており、ビデオ会議時などは片方を通話に使用、もう片方を充電できるためバッテリー切れの心配もなく、クアルコム製のチップを搭載するため切り替えもシームレスだという。

BluetoothはVer.5.2、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応。前機に採用されていたLDSアンテナは非搭載だが、「日本メンバーの調査ではあるが、接続性に関しては本モデルの方が上だった」とのこと。

ブラック/ホワイトの2カラーをラインナップ

質量はイヤホン片側が6g、ケースが37g。カラーはブラック/ホワイトの2色展開で、製品にはUSB-Cチャージングケーブルやイヤーピース(XS/S/M/L)が付属する。

関連リンク

関連記事