「安全を最優先に考慮」

「CEATEC 2021」完全オンライン開催へ。幕張メッセでの実地開催を見送り

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年06月07日
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は、2021年10月19日(火) - 22日(金)に開催予定の「CEATEC 2021」について、当初予定していた幕張メッセとオンラインを組み合わせた開催形式から変更し、オンラインのみで開催することを決定した。詳細は6月中旬に改めて発表する予定としている。

昨年に引き続きオンライン開催となるCEATEC

この変更について、新型コロナウイルス感染症の影響が日本国内においても予断を許さない状況が続く中、「来場者、出展者ならびにCEATECに関わるすべての皆様の安全を最優先に考慮した結果、4日間で約15万人の来場者を迎えるCEATECにおいて、本年は、安全・安心な環境のもと、幕張メッセにて来場者と出展者が積極的な交流を図る環境を用意することが難しいと判断しました」とのこと。

昨年初の完全オンライン開催を実施し、延べ15万人以上が来場者数を記録。今年のCEATECも昨年に引き続きオンライン開催の形となるが、「来場者と出展者とのコミュニケーションをより拡充した形で、ニューノーマル社会の未来を考え、共に歩み、テクノロジーを活用した共創を実現するための企画を昨年より進化したオンラインプラットフォーム上にて展開」すると、開催に向けての抱負を語っている。

CEATECエグゼクティブプロデューサーを務める鹿野清氏は「リアルとオンラインをシームレスに統合することで実現する新たなCEATEC体験の拡張を目指し、CEATEC 2021の準備を進めてきましたので、幕張メッセでの開催を見送らざるをえないことは大変残念ですが、皆様の安全を第一に考えた上での決定にご理解をいただけますと幸いです。CEATEC は業種・業界を超えて幅広い人々が集結して、これからの未来社会や暮らしを考える共創の場です。ニューノーマル社会を見据えたうえで、リアル開催の優位性をも取り込む新たなオンライン開催に重点を置き、「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」として、本年のオンライン開催を実現したいと考えています。ご期待ください」とのコメントしている。

関連リンク

関連記事