従業員も完全移籍。ブランドライセンス契約

ゼンハイザーのコンシューマー部門、スイスのSonovaが買収へ

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2021年05月07日
独ゼンハイザーは、ヘッドホンやイヤホンなどのコンシューマービジネス部門を、2021年末までにスイスのSonova Holding AG(ソノヴァ)へ事業譲渡すると発表した。

ゼンハイザーは今年2月、今後は「プロフェッショナル事業に注力する」とし、コンシューマーエレクトロニクス事業のパートナーを探すことを発表していたが、今回、その具体的な方策が発表された格好だ。

Sonovaは補聴器や人工内耳などの聴覚ケア事業を手がけている。この事業ポートフォリオに、ゼンハイザーのヘッドホンやイヤホン、サウンドバーを加える。また、Sonovaがゼンハイザーのブランドを使用するライセンス契約も結ぶ。なお、ゼンハイザーのコンシューマー事業には、約600名の従業員がいるが、これらの従業員はSonovaへ移籍する。

今回のコンシューマー事業の売却により、ゼンハイザーは今後、リソースをプロオーディオ、ビジネスコミュニケーション、ノイマンの各事業分野に集中させていく。

ゼンハイザーの共同CEOであるダニエル・ゼンハイザー氏は、「我々のコンシューマーエレクトロニクス事業にとって、Sonova以上のパートナーはいなかった。ユニークなオーディオ体験への情熱を共有しているだけでなく、企業価値も非常によく似ている」とコメントしている。

また、もう一人の共同CEO、アンドレアス・ゼンハイザー氏は「我々の強みを組み合わせることにより、将来の成長に向けたとても良い出発点となる。我々、Sonovaが長期的にゼンハイザーのコンシューマービジネスを強化し、大きな成長機会を捉えることができると確信している」と述べている。

関連記事