コラボ製品やカスタムIEM、ゲーミング機器など展開

オンキヨーの“アニメ特化型ストア”「音アニ」が4/29アキバにオープン。一足先に覗いてきた

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2021年04月28日
オンキヨーは、オーディオメーカー初のアニメ専門ストア 「ONKYO DIRECT ANIME STORE/通称:音アニ(オンアニ)」を、4月29日(木)にオープンする。JR秋葉原駅より徒歩10分、「アニメイト」をはじめ多くのアニメショップが立ち並ぶ大通りに面した本店のプレオープンが本日4月28日に行われたので、一足先にお邪魔してきた。


同社のアニメ事業は2015年よりスタートし、これまでに約300タイトルのコラボモデルの企画・製造・販売を展開。このようなコラボモデルやゲーミング機器などを集めたアニメに特化した店作りが大きな特徴で、製品の試聴や販売のみならず、声優などを招いてのイベントも行う「体験型ストア」を目指しているという。

本店舗の運営やコラボモデルの企画などを担当している亀井 隆司氏は「音アニはアニメ事業としても、個人的にも念願だった。また、オンキヨーとしても長い将来を見れば変わっていく必要があり、今後はオーディオ以外の領域が増えていくかもしれない。このショップでもアニメを軸に、オンキヨーの強みを活かした様々なことを行なっていきたい」と意気込みを語った。

入口のすぐ左手は最新のコラボ製品を展示するスペースとなっており、取材時には4月5日より予約受付開始された『アイドルマスター シャイニーカラーズ』コラボ完全ワイヤレスイヤホンを展示。棚には試聴用のベースモデルと全コラボラインナップの見本品が置かれており、使い心地を試しながらデザインを確認できるようになっていた。

入ってすぐのところには最新のコラボ製品をディスプレイ

『シャニマス』コラボ完全ワイヤレスは、お披露目されたばかりのSHHisモデルも用意されている

また、その向かいとなる入口右手側は『ガールズ&パンツァー』コラボのオリジナルTシャツや、バンナイズと共同企画の『アイドルマスター』コラボマスクカバーなど、非ガジェット系のコラボモデルを展開するスペースとなっていた。

入り口すぐの右側にはガルパンコラボTシャツなどが並ぶ

店の中ほどには、棚3個分にわたるコラボカスタムIEMコーナーを用意。現時点でオーダー可能な「鬼頭明里コラボモデル」「ガールズ&パンツァーコラボモデル」「ご注文はうさぎですか? コラボモデル」「エヴァンゲリオンコラボモデル」の全デザインパターンやオリジナルパッケージ、ポストカード、ケースなどの実物が確認できるようになっており、またサイン入り色紙やポスターの展示も実施。

店の中心には棚3つ分のカスタムIEMコーナーを用意。デザインパターンからオリジナルパッケージまで直接見ることができる

その向かい側にはカスタムIEMの試聴スペースを用意。試聴機には先日発表された“シリーズM/Jのセミカスタム版が用意されており、耳型採取から受け渡しまで本店舗にてワンストップで可能。音アニでオーダーする場合は耳型採取が無料で行えるとのことで、コラボモデルはもちろん、レギュラーモデルのカスタムやセミカスタムも購入可能だ。

試聴・耳型採取コーナーも用意

最奥部の棚にはパイオニアの『鬼滅の刃』コラボDAPと、Klipschの『ゴルゴ13』コラボ完全ワイヤレスイヤホンが置かれていたが、ここはゲーミングコーナーとなる予定で、モニターを設置し、SHIDOをはじめとしたゲーミング製品を実際に試せるようにするとのこと。

現時点では鬼滅DAPやゴルゴTWSが並んでいるが、いずれゲーミングコーナーになる予定とのこと

コラボモデルの展示・試聴はこれまでのONKYO BASEでも行えていたが、音アニでは新たに店頭での先行受注を実施し、先行予約特典として限定グッズを用意する予定だという。また、パッケージなどの描き下ろしデザインを使用したグッズの販売も考えているとのことで、「せっかくの描き下ろしデザインなので、コラボモデルの購入はハードルが高いと感じる方にも気軽に来店いただき、手に取ってもらえれば」と亀井氏は語っていた。

開店を控え、本店の店長を務める伊藤 帝氏は「本店はアニメに特化したショップということで、版元さんや声優さん、レーベルさんといった皆さまに元気を届ける活動を行なっている方々と、アニメファンの皆さまとの橋渡しになるようなお店にしたい」とコメント。

カスタムIEMアドバイザーの中村 滉氏は「最近はゲーミングデバイスが注目を集めているが、イヤモニをゲーミング特化で取り扱っているお店さんはおそらく無いと思うので、リスニングのみならずゲーミング用途としてもイヤモニをご案内していきたい」と、両方を同じスペースで扱う音アニならではの魅力をアピールした。

また、e☆イヤホンからAVIOTを取り扱うプレシードジャパンを経て、店舗スタッフとしてオンキヨーに入社したという富岡 杏奈氏は「今までアーティストさんと一緒にお仕事することが多かったが、これからはアニメとオーディオを繋いで、新しい価値や魅力を提供していきたい」と意気込みを語った。

声優さんのサイン入りポスターや色紙も展示

音アニは4月29日(木)10時にオープン予定で、新型コロナウイルス感染症への対策として、一度に5人まで、ひとりあたり30分までの入店制限を実施。来客数によっては店舗外で待つ可能性もあり、ウェブサイトから来店予約を行えば「確実に入店できる」とのこと。

オーディオとアニメの親和性は周知の通りだが、これだけアニメに特化していて、またアニメファンにも入りやすいオーディオショップは確かに珍しい存在だ。先述の通りこれからイベントの開催も予定しているほか、すでに新たなアニメコラボ製品が30ほど控えているという。外出のままならない情勢とはいえ、機会があれば、しっかり感染対策を施した上で訪れてみてはいかがだろうか。

左から音アニ店長の伊藤氏、スタッフの富岡氏、運営などの亀井氏、カスタムIEMアドバイザーの中川氏

関連記事