“ミゼット”ミニチュアモデルなど付属の限定版も用意

映画『稲村ジェーン』が初のBD/DVD化。“エモーショナル・リマスタリング”して6/25発売

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2021年04月22日
サザンオールスターズ桑田佳祐が監督・音楽を担当し、1990年に公開された映画『稲村ジェーン』が“エモーショナル・リマスタリング”され、6月25日(金)にブルーレイ/DVDでリリースされることが決定した。

『稲村ジェーン』が初のBD/DVD化

ダイハツ“ミゼット”1/50スケールミニチュアモデル(稲村ジェーン オリジナルカラーver.)などが付属する完全生産限定版(税込11,000円)と通常版(税込7,700円)の2種類を、BDとDVDそれぞれで用意。全種類とも本編ディスクと特典DVDの2枚組だが、BD版も特典ディスクはDVDとなる。

完全生産限定版は三方背BOX・デジパック仕様。また、先着予約購入特典として、完全生産限定版・通常版共通でジャケットビジュアルA4クリアファイルを用意している。

1991年にレーザーディスク、VHSとして発売されて以降、現在は観ることがほぼ不可能だった『稲村ジェーン』が、劇場公開から30年の時を経てついにブルーレイ/DVD化。主題歌であるサザンオールスターズの「真夏の果実」、挿入歌の「希望の轍」などが生み出された“音楽映画”でもある本作をデジタル・リマスタリング化し、「2021年現在の最新技術によりエモーショナルな映像と音で『稲村ジェーン』の世界に没入できるようになっています」という。

完全生産限定版には上述のとおり、主人公ヒロシの愛車であり、この映画の象徴的な存在として登場する「ダイハツ“ミゼット”」の1/50ミニチュアモデル(稲村ジェーン オリジナルカラーver.)が付属。これに加えて、場面写真や、桑田の直筆による撮影コンテなどが掲載されたスペシャルフォトブックも付属する。

■桑田佳祐コメント

今から約30年前。まだまだひよっこの私が監督のみならず、欲張って主題歌や音楽もやってしまったという、若気の至りの極致ともいえる作品。そんな「稲村ジェーン」が今更ながら作品化されるとのこと。うれしくもあり、同時に恥ずかしい気持ちもいっぱいです。

あのとき映画を作らせていただいたこと、そして同時に並行して音楽も作ったことなどは、我が人生を振り返っても本当に大きな経験であり、大切な財産となりました。計り知れないほど沢山のものを習得出来ましたし、その後の私にとって大いなる糧になりました。あの時関わっていただいた皆さんには、ただただ、感謝の想いで一杯です。本当に、ありがとうございました!!

映画そのものの出来?これは全て監督であるアタシの責任であります(汗)‼ どうか大目に見てやってください。

「暑かったけどヨゥ、短かったよナァ、夏。」
そんなふうに感じられる季節が、どうか今年は皆様のもとにやってきますように!!

関連リンク

関連記事