開放型ながら高い装着感を実現

JVC、開放型完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデル「HA-A8T」。約5500円

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年04月08日
JVCケンウッドは、JVCブランドより、開放型の完全ワイヤレスイヤホン「HA-A8T」を4月下旬から発売する。価格はオープンだが、税込5,500円前後での実売が想定される。

「HA-A8T」ホワイト

耳への圧迫感が少ないとする開放型の完全ワイヤレスイヤホン。小型・軽量化を図りながら、利便性と高音質も備えたとしている。「ホワイト」「ブラック」「レッド」の3色のカラーバリエーションを用意。

「ホワイト」「ブラック」「レッド」のカラーバリエーションを用意

ドライバーユニットには口径10mmの高磁力ネオジウムマグネットを採用。低域から高域までバランスよく、パワフルでクリアな高音質サウンドを楽しめるとアピールしている。さらにバスポートを配置することで、開放型ながら迫力のある低音を実現するという。

イヤホン本体は、角度をつけた新形状のハウジングを採用。開放型ながら耳によりフィットする構造となっているほか、片側5.0gという軽量さとあわせて高い装着感を実現したと説明する。また、左右それぞれの筐体にボタンを1つずつ装備し、再生/一時停止/曲送り/曲戻し、音量調整などの操作が可能。

装着イメージ

イヤホンはIPX4相当の生活防水仕様。そのほか内蔵マイクを備えており、テレワーク時の使用やハンズフリー通話も可能。ペアリングしたスマートフォンの音声アシスタント機能起動も行える。

また、オートオン&オフおよびオートコネクト機能を搭載。これにより、一度ペアリングすれば、充電ケースから取り出すだけで自動的に電源オンとペアリングし、ケースにしまうと自動で電源オフとなる。充電ケースは小型設計で持ちやすく、マグネット内蔵でイヤホンの落下防止にも配慮されている。

連続再生時間はイヤホン本体のみで約6時間、ケースとの併用で合計約15時間使用できる。また、15分の充電で約1時間の連続再生ができるクイック充電にも対応する。

Bluetoothバージョンは、5.0/Power Class1に対応、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFPをサポート、コーデックはSBCに対応する。付属品として充電用USBケーブルを同梱する。

関連記事