Googleアシスタントも利用可能

ボーズ、サウンドバー「Smart Soundbar 300」。独自技術「Voice4Video」でAlexaを機能拡張

編集部:川田菜月
2021年01月14日
ボーズは、Amazon AlexaとGoogleアシスタントの二つの音声アシスタント機能を備え、さらに独自のVoice4Videoテクノロジーを搭載したサウンドバー「Bose Smart Soundbar 300」を発売する。価格は55,000円(税込)。

「Bose Smart Soundbar 300」

フルレンジドライバーを4基搭載。フロント部に2基と、本体の左右に向けて2基配置することで、音の拡がりと包み込まれるようなオーディオ再生が可能としている。また中央部にはトゥイーターを配置し、トークやセリフなどをクリアに再生。さらにQuietPortテクノロジーを搭載。マイクロスクリーンを正確に配置することで歪みを大幅に低減し、よりクリアで滑らかな低音を実現するという。

フルレンジを4基、フロントと本体左右に配置。トゥイーターはセンターに搭載する

他にも専用ソフトウェアにより映画や音楽、テレビ番組、ゲームなど再生中のコンテンツを自動分析、コンテンツに合わせてサウンドをリアルタイムで最適化することができる。

ボーズ独自の「Voice4Video テクノロジー」を搭載。本技術はAmazon Alexaの音声機能を拡張するもので、複数の手順を音声コマンド1つに集約できる。本体操作のほか、接続したテレビやケーブルTV、衛星放送のチューナーのコントロールも可能となる。

独自の「Voice4Video テクノロジー」で、Alexaの機能を拡張

マイクシステムは優れた集音性能を持ち、ノイズを低減し、サウンドバーで音楽や音声を再生していても、どの方向からでも声をピックアップできるという。マイクオフボタンも備え、音声認識をオフにすることも可能。

独自の「SimpleSync」技術により、ボーズの対応製品と1対1でペアリングも可能。接続したヘッドホンでサウンドバーの音声を再生したり、Bluetoothスピーカーとペアリングして同時に再生することや、複数製品とワイヤレス接続してグループ化することもできる。

「SimpleSync」技術で、ボーズ製ヘッドホンなど対応製品とペアリング

Bluetooth 4.2およびWi-Fiに対応する。またSpotify Connect、Apple AirPlay 2をサポートし、SpotifyやAmazon Music、Apple Musicなど音楽配信サービスや、スマートフォンやタブレット内の音楽を様々な方法でワイヤレス再生が行える。

「Bose Musicアプリ」から本体のセットアップやWi-Fi接続、音声アシスタント選択、音楽配信サービスへの接続、本体操作などが可能。また対応するスマートホーム製品とグループ化もできる。プリセット設定も可能で、お気に入りの曲にワンタッチでアクセスでき、また複数ユーザーによる設定カスタマイズにも対応する。

本体デザインはテレビ画面下にすっきり収められるよう、高さ5.6cmとスリムな設にした。壁掛けにも対応する。外形寸法は69.5W×5.6H×10.3Dcm、質量は3.2kg。入力はHDMI ARC、光デジタル接続を装備する。

テレビ画面の下にすっきりとおさまり、視聴の邪魔をしないデザインにしているという。また操作リモコンも付属

ほか、別売のベースモジュール「Bose Bass Module 500」、サラウンドスピーカー「Bose Surround Speakers」との連携に対応し、ホームシアターシステムの構築も可能だ。

関連記事