【特別企画】マイク技術を活用した外音取り込みも秀逸

Shure初のノイキャンBTヘッドホン「AONIC 50」は、音質も機能もすでに“横綱級”の逸品だ!

海上 忍

前のページ 1 2 3 次のページ

2020年08月05日
つくづく、ノイズキャンセリングヘッドホンは難しい。ドライバーの吟味など音質設計は言うに及ばず、ノイズを取り除くためのプロセッサなどデジタル技術の先進性、さらには装着性や集音マイクの位置といったアナログ要素がANCの効きや使い心地に影響し、製品としての完成度を左右するからに他ならない。

Shure初のノイズキャンセル・ワイヤレスヘッドホン「AONIC 50」は、その難しいジャンルへ果敢に挑んだ製品。しかし、手に取り細部まで見たうえでその音を聴き、ノイズキャンセルの効果を確認すると、ジャンル初の製品とは思えない完成度に舌を巻くことになる。初土俵だというのに、なかなかの横綱相撲を見せてくれるのだ。

「AONIC 50」¥OPEN(想定実売価格:税抜43,800円前後)

ANC・外音取り込み機能や独自アンプ搭載、aptX HD/LDAC対応など“全力投球”

AONIC 50はφ50mmのダイナミックドライバーを搭載し、接続はワイヤレス(Bluetooth)とワイヤード2系統(USB/デジタル、3.5mm/アナログ)をサポート。USB/デジタル接続時は、独自設計のヘッドホンアンプを利用したハイレゾ再生にも対応する。連続再生時間は最大20時間、内蔵バッテリーは約2.5時間でフル充電可能なうえ、15分の充電で約4時間再生できるクイックチャージにも対応する。

特筆すべきは、やはりノイズキャンセルだろう。同社が「アジャスタブル・ノイズ・キャンセレーション」と呼ぶこの機能は、内蔵のマイクで周囲のノイズを集音、プロセッサーで生成した逆位相の音をノイズに重ねて打ち消す、いわゆるアクティブノイズキャンセル(ANC)だ。さらに外音取り込み機能もサポートするため、装着したままでハウジング外の音を聴くこともできる。

ワイヤレス機能にも注目したい。Shureはこれまで数々のワイヤレス製品を投入しているが、オーディオリスニング用はインナーイヤー用のリケーブルオプションのみで、本機が初のBluetoothヘッドホンとなる。しかしながら、独自設計のヘッドホンアンプを採用、コーデックもSBC/AAC/aptX/aptX LLに加えaptX HDとLDACをサポートと、初めて取り組むBluetoothヘッドホンとは思えない全力投球ぶりが印象的だ。

内容物一覧。付属の3.5mmケーブルやUSBケーブルを接続して有線ヘッドホンとして使うことも可能

ノイキャンなどはアプリで設定。USB-DAC機能も搭載

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事