地上波契約で月額35円の値下げなど

NHK、受信料を値下げ。10/1から

編集部:小野佳希
2020年07月10日
総務省は、日本放送協会(NHK)から申請されていた受信料値下げを認可すると発表。10月1日からNHK受信規約が変更され、値下げが行われる。

地上波契約で月額35円(以下、すべて税込)、衛星契約で月額60円の値下げ。なお、6か月前払では地上波契約が175円、衛星契約が300円の値下げ、12か月前払の場合は地上波契約340円、衛星契約585円(口座・クレジット払い)/580円(継続振込等)と値下げ幅が若干少なくなる。2020年10月以降分を値下げ前の受信料額で前払いしていた場合は2020年10月以降に精算する形となる。

なお、沖縄県では地上波契約で月額30円などといった具合に、値下げ額が他都道府県と異なっている。ただし元々の受信料が他都道府県よりも低く設定されている。
  • トピック
  • NHK

関連記事