ダブルカセット型とシングルカセット型の2機種

東芝、±5段階で音程調整できるCDラジカセ「TY-CDW990/CDX91」。カラオケ機能を拡充

編集部:杉山康介
2020年06月11日
東芝エルイートレーディングは、再生音源の音程調節機能を搭載するCDラジカセ「TY-CDW990」「TY-CDX91」2機種を発表。TY-CDW990(¥OPEN:市場想定価格税抜19,000円前後)を6月12日、TY-CDX91(¥OPEN:市場想定価格税抜15,000円前後)を6月19日より発売する。

TY-CDW990

同社のCDラジカセにはカラオケ練習やお稽古事などを用途とするユーザーが多いため、“おうち時間”の充実を目的にカラオケ機能を拡充したという製品。

半音刻みで高低各5段階ずつ、再生音源の音程を調整できる機能を新搭載。ボーカルダウンやエコー機能なども従来通り搭載し、自宅にいながらカラオケルームのようにカラオケを楽しめるという。

また、ラジオ局を登録できる「お好み選局」の登録数が、FM1/FM2/AMで各5局ずつの計15局まで増強。スピーカーはφ8cmコーン型×2で、実用最大出力は3.0W×3.0W。付属のAC電源、もしくは単2電池6本で駆動する。

TY-CDX91

TY-CDW990はダブルカセット型のCDラジカセで、CD/カセット/外部入力の音程調整が可能。外形寸法は350W×141H×203Dmmで、質量は約2.6kg。マイクを2本接続してデュエットを楽しめる2分配ミニプラグが付属する。

TY-CDX91はシングルカセット型で、SDカード/SDHCカード/USBメモリにも対応するモデル。音程調整はカセット/外部入力/SD/USBにて可能で、CD/SD/USBでは±20%までの再生速度調整も可能となっている。外形寸法は316W×130H×215Dmmで、質量は約2.2kg。

関連記事