「リスニング製品ポートフォリオの次世代製品」

Shure、新イヤホン「AONIC」。3BA/着脱式ノズル搭載「5」、初ハイブリッド機「4」、Shure最小機「3」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2020年04月24日
シュア・ジャパンは、有線イヤホンの新ライン“AONIC”を発表。「AONIC3/4/5」3機種を、4月25日より発売する。価格はすべてオープンだが、AONIC3は税抜19,800円前後、4は税抜32,800円前後、5は税抜54,800円前後での実売が予想される。

AONIC5

現代のリスナーのニーズや要望を反映して各フォームファクターを作り込み、「着脱式デザインとプレミアムサウンドクオリティー、さらには現代的なインダストリアルデザインが相まって、ワイヤードラインとして技術的に最先端のイヤホンに仕上がっている」とアピールする製品。同社はこれを「リスニング製品ポートフォリオの次世代製品」と位置付けている。

なお、本製品が4月に発売されるのは日本と中国のみで、両国で先行販売される格好となる。

AONIC3は“シュア製品の中で最も小型”だという、シングルBAドライバー搭載イヤホン。全帯域にわたるパワフルなサウンドが特徴で、同社の「E4」譲りの装着感と性能を備え、クリアで自然なサウンドと明確なステレオイメージを提供するという。再生周波数帯域は22Hz-18.5kHzで、インピーダンスは28Ω、感度は108dB SPL/mW。

AONIC3。ブラックをラインナップ

AONIC4は、同社初となる1DD+1BAのハイブリッド型イヤホン。ハイブリッド構成とユニークな音響経路が特徴だとしており、ダイナミックな低域とクリアな高域再生により、楽器間の自然なセパレーションと明瞭なボーカル表現を実現するとのこと。再生周波数帯域は20Hz-19kHzで、インピーダンスは7Ω、感度は106 dB SPL/mW。

AONIC4。ブラックとクリアをラインナップする

AONIC5は、ウーファーに2基、トゥイーターに1基のBAドライバーを搭載する2ウェイ3BA型イヤホン。伸びのある高音、温かみのある中音、自然で引き締まった低音を再生し、「映画を見ているかのような本格的なオーディオエクスペリエンスを求めるリスナーに最適」だとしている。

また、本機は「SE846」にも採用される着脱式ノズルを搭載しており、用途にあわせて「バランス」「ウォーム」「ブライト」の3種類のサウンドにチューニングすることが可能。再生周波数帯域は18Hz-19.5kHzで、インピーダンスは36Ω、感度は117dB SPL/mW。

ブラック/クリア/レッドをラインナップ

全モデル共通でコネクターにはMMCXを採用し、ケーブル長は127cm、外部ノイズ減衰量は最大37dBとなる。

付属品にはフォーム・イヤーパッドとソフト・フレックス・イヤーパッドをそれぞれS/M/Lの3ペアと、イエロー・フォーム・イヤパッド、トリプルフランジ・イヤパッドを各1ペア、キャリングケース、6.3mmアダプター、クリーニングツールを用意。AONIC5には、これに加えComply Pタイプイヤーチップ(S/M/L)、交換用ノズル、ノズル取り外しキーが付属する。

関連リンク

関連記事