新製品を一挙投入

Xiaomi(シャオミ)が日本市場参入、世界初の1億800万画素5眼カメラスマホから炊飯器まで

PHILE WEB編集部
2019年12月09日
中国のXiaomi(シャオミ)が日本に参入する。今月初旬、シャオミジャパンが12月9日に日本参入すると発表していたが、本日東京都内で記者会見を開催している。

Xiaomiは北京に本社を構える、スマートフォンやウェアラブルデバイスなどスマートハードウェアを中心に事業展開をしている企業。世界第4位のスマートフォンメーカーだ。

目玉製品として、スマートフォン「Mi Note 10」を日本で12月16日に発売する。価格は52,800円(税抜、以下同)。カラーは「ミッドナイトブラック」「オーロラグリーン」「グレイシャーホワイト」の3種類。RAMは6GBで、内蔵フラッシュメモリーは128GB。ほかにスペックを高めた「Mi Note 10 Pro」も用意し、こちらはAmazonのみで販売する。価格は64,800円。

スマートフォン「Mi Note 10」を日本で12月16日に発売する

Mi Note 10は、世界初となる1億800万画素を実現した、5レンズ搭載のスマートフォン。5レンズはそれぞれ、1億800万画素のレンズ、2,000万画素の超広角レンズ(視野角117度)、1,200万画素のポートレート用レンズ、500万画素の最大50倍ズームレンズ、200万画素の超マクロ撮影レンズという構成となっている。またユーザーインターフェースには、同社の最新バージョンとなる「Miui 11」を搭載している。

このMi Note 10は、日本のカメラR&Dセンターで開発された最初の製品。1億800万画素のイメージセンサーはサムスン製の「ISOCELL Bright HMX」で、解像度は12032×9024ピクセルとなる。

さらにこのスマホは、4in1 ピクセルビニングをサポート。暗所でも細部まで鮮明に撮影できるという、1/1.33インチのセンサーも搭載している。また4軸の光学手ぶれ補正も備えている。

設定で「ナイトモード2.0」を設定可能。これによって、同一シーンの複数の写真を組み合わせて利用できる。たとえばコンサートや夜景には「RAWマルチフレーム・ノイズ・リダクション」技術が適しているという。

ディスプレイには、6.47インチの3D曲面有機ELディスプレイを採用。ベゼルを狭くしており、画面への没入感を高めている。コントラスト比は40万対1。また、薄型のスクリーン内蔵光学式指紋センサーも搭載。指紋検出エリアが従来製品に比べて10%拡大したという。

プロセッサーには、クアルコムのSnapdragon 730Gを採用。またバッテリー容量は5260mAhで、30Wの急速充電をサポートしている。

そのほか同社は、ウェアラブルデバイス「Mi スマートバンド 4」(3,490円)、モバイルバッテリー「パワーバンク3」(1,899円)、炊飯器「MI IH 炊飯器」(9,999円)、スーツケース「Xiaomi メタルキャリーオンスーツケース 20インチ」(17,900円)なども日本で展開する。いずれも非常に安価なことが特徴となる。

後ほど詳細をお伝えする。

関連リンク

関連記事