営業利益は10億ドル

Netflix、売上高52億ドルで「過去最高の第3四半期」。オリジナル作品にさらに注力

編集部:押野 由宇
2019年10月17日
Netflixは、2019年第3四半期(7月−9月)の決算発表を10月16日(米国時間)に行った。

ビジネスが急速に成長し「過去最高」になったという2019年第3四半期では、有料メンバー数が680万人増加(年同期比12%増)し、1億5,800万人に達した。米国外での有料メンバー数は630万人増加し、前年同期比で23%増となっている。

第3四半期の売上高は52億ドルを突破し、前年同期比31%増。営業利益は10億ドルに倍増。一方で米国では値上げ後、解約数が比較的高く、成長が減速した。

コンテンツではメンバーの視聴やエンゲージメントに寄与することから、多くのジャンルにおいてオリジナル作品の製作にさらに注力するとしている。

第3四半期では、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン3を配信開始。配信後4週間で6,400万世帯で視聴され、これまでで最も多く視聴されたシーズンとなった。限定シリーズの「アンビリーバブル たった1つの真実」(配信後28日間で3,200万世帯が視聴)も反響を呼んだ。

英語以外の言語のオリジナル作品も拡大しており、成長の90%を占める国際市場への浸透を促進。日本発のオリジナルシリーズ『全裸監督』は、日本で最も視聴された日本発のオリジナル作品となり、アジア全体でも多く視聴された。

インド発のオリジナルシリーズ「聖なるゲーム」シーズン2、韓国発の新オリジナルシリーズ「恋するアプリ Love Alarm」も配信開始。スペイン発のオリジナルシリーズ「ペーパー・ハウス」シーズン3は、英語圏以外の地域でNetflixで最も視聴されたシリーズとなり、公開後4週間で4,400万世帯が新シーズンを視聴した。

これまでに、17ヵ国から現地の言語で制作されたオリジナルシリーズを100シーズン配信しているが、2020年にはさらに実績を増やすべく、130以上のシーズンが配信予定だという。

Netflix映画(独占配信するオリジナル映画)にも積極投資。第3四半期では、『密かな企み』(配信後4週間で4,000万世帯が視聴)や『アザーフッド 私の人生』(公開後4週間で2,900万世帯が視聴)、『トールガール』(配信後4週間で4,100万世帯が視聴)が成果に貢献した。

第4四半期では、マーティン・スコセッシ監督の『アイリッシュマン』(ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ出演)、『マリッジ・ストーリー』(スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー主演)、『2人のローマ教皇』(アンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライス主演)が配信予定となっている。

映像配信サービスにおいては、ディズニーやワーナーメディアだけでなく、YouTubeや他の動画配信サービスなどとも激しい競争に直面している。

Netflixは「次の四半期では、新しい競争によりやや厳しい立場が予想されるが、長期的には機会は同等」との考えを示しており、「新サービスの登場により、放送時間が決まったテレビの視聴から、映画やシリーズのオンデマンド消費への移行が加速すると予測。この数年間において、Netflixが最も得意とする『メンバーの選択肢の拡充と更なる自由な体験の提供』に集中し、競合の有無に関わらず改善を続ける必要があることを学んだ。 だからこそ、世界中のあらゆるジャンルにおける最高峰の映画やドラマシリーズへの投資を継続していく」としている。

関連リンク

関連記事