アトモス・DTS:X上映も8/16から

『ガールズ&パンツァー最終章』第1話+第2話、4DX/MX4Dで10月11日より上映開始

編集部:小澤貴信
2019年07月26日
映画『ガールズ&パンツァー最終章』第1話と第2話をつなげて4D化した、『ガールズ&パンツァー最終章4D上映 〜第1話+第2話〜 』の4DXおよびMX4D版の上映が10月11日から行われる。


4D上映は、映像に合わせて座席が動いたり、揺れたりするほか、シーンに合わせた水しぶきや風、香りなどの特殊効果や演出によって作品を五感で体感できるとする「体感型」上映。今回は4D上映は、4DXが59館、MX4Dが20館で実施。上映される映画館は公式ページで確認できる。

これまでも同作は、2015年11月公開『ガールズ&パンツァー 劇場版』にて、翌2016年2月に4DX版の上映もスタート。公開から1年後には「4DX 効果マシマシ版」としての再上映も実施されていた。2018年9月公開の『ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編』でも、通常上映に加えて4DX、MX4D版が上映された。

また、『最終章』第2話について、8月16日(金)より、Dolby Atmos、DTS:X上映がスタートする。こちらはDolby Atmosが14館、DTS:Xが6館で実施される。


関連リンク

関連記事