アプリ対応を実施

Amazon「Fire TV」でYouTubeが、Google「Chromecast」でPrime Videoが本日より利用可能に

編集部:押野 由宇
2019年07月09日
Amazonは、本日7月9日より「Prime Video」のアプリがGoogle「Chromecast」に対応し、ChromecastおよびChromecast built-in搭載端末へのキャストにより視聴が可能になることを発表した。

Amazon「Fire TV」でYouTubeが、Google「Chromecast」でPrime Videoが利用可能に

また同じく本日より、「YouTube」の公式アプリがメディア・ストリーミング・デバイスの Amazon「Fire TV」シリーズに提供開始されることも合わせて発表された。

両社は2017年末から、自社サービスを相手のデバイスから引き上げており、各デバイスからお互いの動画サービスを視聴するためには、ウェブブラウザを経由する必要があるといった状況が続いていた。

しかしAmazonとGoogleは、2019年4月時点で、今後数ヶ月のあいだに両社のデバイスで、互いの映像サービスを専用アプリで便利に使えるようにすると発表していた。この度、その発表が正式に実施されたかたちとなる。

YouTube公式アプリは、現在日本で販売されているFire TV Stick(第2世代)および Fire TV Stick 4Kで本日より利用可能となる。また、本アプリは2017年以前に発売したFire TV(第2世代、第3世代)およびFire TV Stick(第1世代)向けにも、今後数カ月以内に配信される予定だ。

Fire TVに表示されるYouTube公式アプリを利用すれば、Amazon Alexaを通じてコンテンツの検索や再生、早送り、巻き戻しといった操作を音声でも行えるようになる。「アレクサ、YouTubeを開いて」「アレクサ、YouTubeでミュージックビデオを見せて」などが発話例として挙げられている。

関連記事