物流や産業用途を共同で開拓

エアロネクスト、中国大手ドローンメーカー2社と戦略的提携。中国市場開拓に前進

Senka21編集部 徳田ゆかり
2019年06月21日

次世代ドローンの(株)エアロネクストは、中国の産業ドローン大手メーカーである深セン市科比特航空科技有限公司 MicroMultiCopter Aero Technology Co., Ltd. (以下:MMC)と、産業ドローンの大手メーカーである深セン智航無人機有限公司 Shenzhen Smart Drone UAV Co.,Ltd.、それぞれとの戦略的提携を発表した。

MMCとはエアロネクストの独自の重心制御技術である「4D GRAVITY」テクノロジーを搭載した産業ドローンの中国市場における普及に向け、SMDとは、今後大きな普及が見込まれる物流ドローン事業の中国、日本およびアジア全域での本格的市場立ち上げを目指しての提携となる。

「4D GRAVITY 」テクノロジーは、UAVにおける機体の構造を根本的に見直し開発したもので、その安定性、信頼性で産業ドローンの用途範囲を大きく拡大することが期待されるもの。エアロネクストでは、既に様々な用途を想定した4D GRAVITY 搭載の産業ドローン『Next』シリーズの原理試作が複数種類発表している。また同社は、深セン市に新たな現地法人「天次科技(深セン)有限公司 (英文名 AeronextShenzhenLtd.)」を5月に設立しており、中国市場での4D GRAVITY テクノロジーライセンスビジネス推進の足がかりとしている。


MMCは2010年設立、深セン・宝安に本社と工場を構える他、浙江、広東、湖北等に研究開発、生産、トレーニ ング拠点を持つ。産業ドローンの設計・加工、各種パーツの開発生産、操縦用のシステム開発まで、包括的サプライチェーンを持ちワンストップ対応し、中国のみならずグローバルでも最大手とされる産業ドローンメーカー。測量、セキュリティ、消防、電力架線工事など幅広い用途に対応できるマルチコプター及びVTOL製品群に加え、25種類を超えるペイロードに特徴を持ち、顧客ニーズに応じた機体のカスタマイズを可能とする。国営企業や外資系企業など多くの顧客を有し、様々な用途に実績を持つ。

エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏(右)、MMC 董事長 卢致辉氏(左)

MMCは新たな市場環境で自社の研究開発および生産能力を最大限に発揮することで産業資源を統合、ドローン産業におけるイノベーションを推進している。グローバルでのドローン関連企業および開発者との協業を通じ、ドローンの新たなユースケース開発や現在のボトルネックの解決を目指しており、今回のエアロネクストとの提携もそのひとつとなる。エアロネクストとMMCは中国市場において、未開拓の用途を共同で開拓することを目指し、4D GRAVITY 搭載機体の開発に着手する合意に至ったという。両社はMMCの持つ産業ドローンの製造に関する豊富な経験と実績をベースに、幅広い産業用途に利用可能な4D GRAVITY搭載ドローンの開発に着手する。


SMDは深センに本社を構え、「グローバル規模でのUAV産業のパイオニア」と称し、機体の気動設計、フライトコントローラー、運用システムの全サプライチェーンを自社開発可能なケイパビリティを持ち、大型積載量かつ長時間飛行が可能な物流用途に強みをもつ産業ドローンの大手メーカー。マルチコプターとティルトローターVTOLの製品群を有し、リモートセンシング、セキュリティ、長距離巡回、物流の4大領域で事業展開をしている。特に物流領域では、中国大手航空物流企業や中国郵政などの顧客基盤を軸に、山間部や離島間輸送で豊富な経験と実績を有しているという。

エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏(右)、深セン智航無人機有限公司 董事長 Edward Jin氏(左)

エアロネクストとSMDは、中国市場において新しい物流用途を共同で開拓することを目指し、4D GRAVITY 搭載の物流ドローンを活用した事業開発に着手する合意に至ったという。同時にSMDは、エアロネクストの日本における豊富なリソースを活用し、日本の産業ドローン市場におけるユースケースの開発にも積極的に関わり、日中の産業ドローン市場の拡大に貢献していくとしている。

エアロネクストでは中国市場をグローバル展開のショーケースと位置付けており、「産業ドローン領域で多くの経験と実績を有する MMC、SMDを中国市場での戦略的パートナーに迎え、多様な用途に対応可能な産業ドローン機体や、顧客の具体的な課題に適応した物流ドローン機体の開発を大きく前進させていきます」とコメントしている。

関連記事