AIoT家電/サービス情報をまとめて管理

シャープ、新スマートホームサービス「COCORO HOME」。他社製品/サービスとの連携も

編集部:川田菜月
2019年05月20日
シャープは、同社のIoTサービス「COCORO+」および他社サービスを連携した新スマートホームサービス「COCORO HOME」を発表。5月24日からAndroid向け、今夏からiOS向けの無料アプリを提供開始する。

AIoT家電・サービスとの連携に加え、他社との連携も推進していく新スマートホームサービス「COCORO HOME」を発表

5月24日からAndroid向け、今夏からiOS向けアプリを提供開始する

「COCORO HOME」では、同社がこれまで展開してきた、クラウドと接続したAIoT家電がユーザーの好みや習慣を学習して最適化する生活サービス「COCORO+」各種の連携に加えて、セコムやKDDI、関西電力とパートナーシップを組むことで他社サービスとも連携。家の中にあるAIoT家電を登録することで、家電の利用状況や簡易操作、各COCORO+サービスの情報の確認などが行える。

他社製品やサービスとの連携も推進。発表会ではセコムやKDDI、関西電力とパートナーシップが発表された

スマートフォン用アプリ「COCORO HOME」では、家電の利用状況のお知らせなどを表示する「タイムライン」、登録機器の管理や運転状況の確認が可能な「機器リスト」、機器の使い方やメンテナンスといったサポート情報を表示する「サービスリスト」の3つの機能を提供。順次アップデートを図り、機能を拡充していくとのこと。

「タイムライン」「機器リスト」「サービスリスト」の3つの機能を提供

タイムライン上には、家電や住設機器など登録した機器の利用データや、各COCORO+サービスの情報を表示、外出先からも確認できる。また、ユーザーの好みや習慣を学習して状況に最適なサービスをお知らせする。たとえば同社の調理家電「ヘルシオ」との連携では、普段の調理履歴から好みの食材を使ったメニューの提案を行うといったことが想定される。

タイムライン上には機器の利用データや、各サービスからのお知らせや情報が表示される

表示された内容の中で気に入った情報には「Good」ボタンをつけると、まとめて一覧表示が可能

ユーザーの使い方を学習していくことで、便利な家電の使用方法の提案なども行う。例えば洗濯機の使用状況で、汚れの多い洗濯が続いた際には適したコースを提案してくれる。将来的には地域のスーパーの特売情報といった、他社サービスと連携した暮らしに役立つオススメ情報なども表示。キッチンであれば、家事の最中にもAIoT対応の冷蔵庫から音声で知らせて情報確認ができるといったサービスも予定しているとのこと。

同社は「タイムライン上での情報表示が重要と考えている、暮らしに役立つ様々な情報を出していきたい」とし、同社/他社製品・サービス問わず、同じタイムライン上に一律に情報表示させていくとのこと。

機器リストでは登録した機器の運転状況管理のほか、電源ON/OFFの簡易操作や複数機器の一括操作も行える。一括操作は、各COCORO+サービスやAIoT機器の利用データから、毎朝行う家電操作の行動などユーザーの習慣を学習し、複数機器の一括操作の登録をアプリ側が提案。一度登録すると次回から1クリックで一連操作をまとめて行うことができる。なお、機器の操作に関しては今秋からサービス開始予定とのこと。

機器リストでは登録した家電や住設機器などの情報が確認できる

複数機器の一括操作の登録をアプリ側が提案、毎朝や毎晩など決まった操作をアプリでまとめて行える

さらに同社はCOCORO HOMEのプラットフォームを開放し、他社の住設機器などとの連携も推進。本サービスの発表時点ではセコム(株)/KDDI(株)/関西電力とパートナーシップを組み、例えば留守宅や離れて暮らす家族の見守りなど、各社が提供するサービスと連携して情報を提供新たなスマートホームサービスとして提供を今秋開始する予定。

サービスリストには家電の使い方やメンテナンス情報などを集約、今夏にはチャットボットも提供する予定とのこと。各COCORO+サービスの詳細な操作や情報を得たい場合には、本リストから各アプリへ接続も可能。またユーザーが未加入の他社サービスの情報を表示し、簡単に加入できるようアナウンスも行う。

サービスリストからは各COCORO+サービスに容易に接続できる

なお、本アプリは同社のモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を通じた音声操作に対応しているが、Google HomeやAmazon Alexaなどからの音声操作は現時点では不可とのこと。

ロボホンを使って音声操作も可能

発表会ではデモも実施。一括操作をロボホンに指示すると、空調とテレビの電源ON/OFF、窓のシャッター開閉などをまとめて操作できた

同社は、事業ビジョンの一つとして「“人に寄り添うIoT=AIoT(AI×IoT)”で世界を変える」を掲げ、これまでAIoT対応機器の拡充、COCORO+サービスの充実、プラットフォームの整備を推進し、現在対応製品は10カテゴリー/272機種に拡大している。

左から、シャープ IoT HE事業本部 IoTクラウド事業部 イノベーション開発部 課長・六車智子氏、専務執行役員 スマートホームグループ長 兼 IoT HE事業本部長・長谷川祥典氏、IoT HE事業本部 副事業本部長 兼 IoTクラウド事業部長・白石奈緒樹氏

ビジョンの一つに「“人に寄り添うIoT=AIoT(AI×IoT)”で世界を変える」を掲げている

長谷川氏は「AIoTプラットフォームを通して、早期のスマートライフの実現を目指している」とし、「スマートライフの実現には、暮らしの中で使われる家電機器のデータから生活を表す情報を取得し、ユーザーニーズに合わせた内容を、タイムリーに提案していくことが必要。COCORO HOMEは、ユーザーと機器・サービスをつなぐインターフェースとして提供する」と語った。

ユーザーニーズに合わせてタイムリーに情報を提供し、リアルサービスに反映させていくことが重要と語った

ユーザーと機器・サービスをつなぐインターフェースとして、COCORO HOMEのアプリを提供する

また同社は、スマートライフの実現を加速する一環として、一般社団法人 環境共創イニシアチブが推進する「平成30年度補正予算 生活空間におけるサイバー/フィジカル融合促進事業費補助金」に参画。IoTクラウドサービス/機器の利用ユーザーに対して支払われる補助金制度で、10月1日からスタートする予定。

10/1からIoTクラウドサービス/機器の利用ユーザーに対して支払われる補助金制度がスタート

COCORO HOMEでは上述のとおり、家電の一括操作や他社連携など、補助金制度と同時期にあたる今秋からの提供開始を目指しており、「暮らしを高める新しい暮らしのサービスやシステムを創出し、さらなる生活サービスの提供・拡充を図っていく。これはシャープ一社で行えることではなく、他社との協業も積極的に進めていく」とのこと。

他社が本サービスを利用するにはシャープとのアライアンスが必要とのことだが、COCORO HOME上での情報提供や機器の利用に関しては、シャープ製品・サービスと同様に扱っていくとのこと。「様々な企業とパートナーシップを組み、他社製品やサービスとの連携を高めていけるのが本サービスの大きな特徴。これによりネットワーク家電がより増えていったり、IoT製品の利便性が広まることが、シャープとしてメリットになると考えている。ユーザーと様々な機器・サービスをつなぎ、またより多くのユーザーに使ってもらうことで、スマートライフの実現を推進していきたい」とした。

シャープではこれまでもAIoT機器やサービスを拡充してきた。より多くのユーザーに使ってもらうことで、促進を図りたいとのこと

IoT製品サービスの増加・浸透を進め、スマートライフの実現をしていきたいとした

なおAIoT機器やサービス導入時のユーザーサポートについては、現時点では未定とのこと。ただ「利用者拡大を目指すにあたって、サービス提供はしていくべきと考えている」とし、シャープとして、もしくは他社との協業で行うかなど検討を進めていくと語った。

関連記事