電源を切ると通常の窓ガラスに

AGC、窓ガラスに“透明ディスプレイ”を組み込む技術。風景に情報を重ねて表示、タッチ機能も追加予定

編集部:平山洸太
2019年05月15日
AGCは、「窓ガラスに透明ディスプレイを組み込む技術」を世界に先駆けて開発したと発表した。これにより、窓ガラスから見える風景に情報を重ねて表示することが可能となる。

窓ガラスへ透明ディスプレイを組み込んだ

同社が2013年に開発した「infoverre(インフォベール)」では、ガラスに液晶ディスプレイを貼り付けることで、従来のデジタルサイネージに比べ視認性を向上。ビル・空港・ショッピングモールなど様々な場所で利用されている。

infoverre屋外用の設置例

今回はこのinfoverreに「複層ガラス製造技術」を組み合わせることで、窓ガラスへ透明ディスプレイを組み込むことに成功したという。電源を切っているときは通常の窓ガラス、電源を入れると映像表示といったことが行うことができるようになる。

電源を切ると通常の窓ガラスに

この技術により、窓が情報を表示するプラットフォームになると説明。風景に合わせて周辺の観光情報などをリアルタイムで表示することが可能になるという。今後はタッチ機能などインタラクティブな機能を追加する予定としており、将来的には観光名所、博物館、列車、バスなどの様々なバスへの実用化に向け、研究開発を進めていくとのことだ。

また参考として、ガラスの両面に映像を表示することができる「PARTITIONシリーズ(7月より販売予定)」をはじめ、列車扉上部の映像を一画面で途切れなく表示する「軽量大型ワイドスクリーンタイプ」、大型ワイドスクリーンを窓ガラスの上部に組込んだ「列車用窓バータイプ」、窓ガラスに透明ディスプレイを組込んだ「列車用窓透明タイプ」といった列車における開発中の製品も紹介されている。

列⾞内での導⼊イメージ 。様々なタイプの製品を開発中

関連記事