USBバスパワー駆動

サンワサプライ、コンデンサ蓄電で高出力実現の「PRAC回路」搭載USBスピーカー。約4,600円

編集部:押野 由宇
2019年03月14日
サンワサプライは、USB給電仕様ながら、コンデンサに蓄電し高出力を実現する「PRAC回路」搭載で最大出力36Wを実現したUSB PCスピーカー「400-SP082」を、本日3月14日より直販サイトサンワダイレクトにて発売する。 価格は4,611円(税抜)。

「400-SP082」

パソコンやテレビに内蔵されたUSBポートと接続することで電源を供給する、USB給電方式のスピーカー。内部に大型コンデンサを搭載、コンデンサ内に電力を蓄え、必要な場合に高出力を可能とする「PRAC(Power Reserving Amplifier Circuit)回路」を搭載することで、36W(18W×2)出力を実現した。

「PRAC回路」の概要

3.5mmステレオミニジャックでの入出力に対応し、イヤホンやヘッドホンでの視聴も可能。ほか、BASS(低音)コントールを搭載している。外形寸法は約98W×208H×97Dmm、質量は約1.04kg。

接続イメージ

関連リンク

関連記事