IFTTTに対応

ラトックのスマート家電リモコンでエアコンや照明の自動制御が可能に

編集部:平山洸太
2019年02月18日
ラトックシステムは、スマート家電リモコン「RS-WFIREX4」「RS-WFIREX3」が様々なWEBサービスと連携可能となるIFTTTに対応。これにより、エアコンや照明の自動制御が可能になった。

RS-WFIREX4

RS-WFIREX3

IFTTTとは、複数のWEBサービス同士を「IF This Then That (もし○○(This)したら、その時は△△(That)をする)」という形式で複雑なプログラミング無しに連携させ、新たなサービスとして利用することができるサービス。現在、カレンダー・ロケーション・健康・開発者ツールなどおよそ600ほどのWEBサービスに対応しており、既存の連携機能の利用から、ユーザー個人で自由にサービスを組み合わせることも可能とのこと。

提供されるアプレット例

IFTTT上でのサービス名は「RATOC Remocon」。今回の対応により、「部屋の温度が18度を下回ったら、暖房24度をつける」「自宅に近づいたら、エアコンと照明をつける」といった自動制御や、「Alexaに “除湿をトリガー” と言ったら、エアコンの除湿をつける」といった声での操作ができるようになる。

また「センサー値をログに残す」「LINEに通知する」といった温度や湿度などの “見える化” も実現できるとしている。

現在提供されている、設定可能なトリガー(動作条件)とアクション(動作内容)は以下の通り。なお今後もサービス拡張の予定があるという。

トリガー (動作条件、15分に1回取得)
・温度(指定の温度より高い・低い・常に取得)
・湿度(指定の湿度より高い・低い・常に取得)
・照度(明るさを5段階から選択 ※RS-WFIREX4では実質3段階)

アクション(動作内容)
・エアコンの運転
・照明の点灯・消灯

関連記事