スロットローディング方式を採用

パイオニア、USB Type-C採用のMac用ポータブルBDドライブ「BDR-XS07JM」

編集部:平山洸太
2019年02月07日
パイオニアは、Macのデザインに合わせたシルバーカラーを採用したポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XS07JM」を2月中旬に発売する。価格はオープンだが、27,000円前後での実売が予想される。

「BDR-XS07JM」

ディスクの出し入れにはスロットローディング方式が採用され、付属のスタンドによる縦置きにも対応。内部にシャッター幕を設けることで静音・防塵性能を高めたという。また接続端子としてUSB3.1 Gen1対応のType-Cコネクタを備える。

音楽を楽しむための機能として、ディスク表面の傷や汚れでオーディオCDのデータが読み取れない時、再度の読み取りを行う「PureRead4+」を搭載。加えてリアルタイムでデータ補完の発生頻度を抑えることで、オーディオCD本来の音質で再生するという「RealTime Preread」などといった機能を搭載する。これらの機能はMac用の専用ユーティリティーから設定を行うことも可能。

付属ソフトウェアとして、Mac用の「Roxio Toast 17 Titanium」「BD Plug-in」の無償ダウンロードが付属する。ビデオファイルをドラッグ&ドロップするなどの操作で、メニュー画面から再生できるBlu-rayビデオディスクが再生できるほか、データの保存、バックアップにも対応する。なおBlu-rayビデオディスクの再生には対応しない。

縦置きにも対応する

また別売りのワイヤレスドック「APS-WF01J-2」と組み合わせることで、Macとワイヤレス接続での使用にも対応する。さらにiOS/Android用アプリケーション「Wireless Hi-Res Player 〜Stellanova〜」により端末へ音楽CDを取り込むことができ、またiOS用アプリケーション「Wireless Photo Server 〜Snap Pod〜」では端末の画像・動画をBlu-rayディスクに書き込むこともできる。

そのほかの特徴として、BDXLディスクに対応する。動作音を抑える「アドバンスド静音ファームウェア」を搭載し、消費電力を抑える「インテリジェントエコモード」に対応。またデータの長期保存が可能なM-DISCに対応するほか、別売りのドライブ専用ACアダプター「DCA-003」を使用することで、直接Android端末へ音楽CDの取り込み・再生ができる。

外形寸法は135W×18H×135Dmmで、質量は280g。またバッファーメモリサイズは4MBとなり、動作環境はMac OX X 10.11以上。

関連記事