既存シリーズからのアップグレードにも対応

NUARL、QCC3026搭載で接続安定性を高めた完全ワイヤレスイヤホン最上位モデル「NT01AX」

編集部:押野 由宇
2018年11月16日
エム・ティ・アイは、オリジナルブランドNUARLから、完全ワイヤレスイヤホン「NTシリーズ」の最上位モデル「NT01AX」を、12月14日に発売する。価格は18,000円(税抜)。

「NT01AX」

NT01AXは、Qualcommの最新チップ「QCC3026」を採用。通信性能と音質の向上、長時間再生など従来の完全ワイヤレスイヤホンが抱えていた問題点を改善するとともに、NUARLの持つワイヤレス/音響技術を融合させたというモデル。

左右間の接続にはQualcommのTrueWireless Stereo技術に加え、独自のMCA(Mutual Coupling Antenna)技術を併用。高い接続安定性を実現し、これまでの完全ワイヤレスイヤホンと比較して飛躍的に音途切れに強くなったとする。

BluetoothはVer 5.0に準拠し、プロファイルはA2DP/HFP/HSP/AVRCP、コーデックはaptX/AAC/SBCをサポート。。接続するスマートフォンにaptXが搭載されていなくても、最新のQualcomm Kalimba DSPを駆使した音質チューニングにより、コーデックの違いによる音質の低下を意識することなく楽しめるとアピールされる。

連続再生時間はSBC/AACの場合は10時間以上、ケースとの組み合わせでは計35時間以上を実現。aptX再生時でもイヤホン本体で7時間以上、ケースとの組み合わせで計24時間以上の長時間再生に対応する。加えて、ロールスワッピング機能の搭載により、電源を入れるごとにバッテリー残量の多い方をマスターイヤホンに自動的に切り替えてバッテリーの片減りを防止させる。

充電ケースと合わせて最大35時間の再生に対応する

ドライバーには、ダイヤモンドよりも硬い炭素素材のグラフェンを振動板にコーティングした、フルレンジダイナミック型シングルドライバーを搭載。そしてクリアな音質と広い音場感を再現するという特許技術「HDSS」を採用することで、頭内定位を防ぎ、厚みと立体感のある自然な音の広がりを再現するとしている。再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。

イヤホン本体の操作ボタンから、再生/停止/曲送り/曲戻しといった音楽再生操作や、ボリューム調整、着信操作が行える。高感度マイクを搭載するため、ハンズフリー通話や音声入力にも対応する。また音声通話は「Voice in the Both Ears」機能に対応し、左右のイヤホン間で信号の遅延が発生することなく両耳にフィードバックされる。

充電ケースに入れたイヤホンは満充電になると自動的にスリープモードとなる。また自動再接続機能により、ケースに入れたイヤホンは蓋を開けるだけで自動的に電源が入り再接続される。

イヤホンの内部にナノコーティングによる撥水処理を施すことで、IPX4相当の耐水性を獲得。HDSSに最適化された独自のシリコン製イヤーピースと、SpinFitの完全ワイヤレスイヤホン専用イヤーピース(CP350)の2種類を、それぞれS/M/Lの3サイズ付属している。本体質量は約5g。

なお、既存の全NT01シリーズからのアップグレードサービスも展開する。NUARL公式サイトで申し込むことで、手持ちのNT01シリーズをトレードアップにより「NT01AX」に有償アップグレードすることができる。ほか、購入から1年以内であれば、片側紛失時でももう片側のイヤホンが残っていれば新品と有償で交換できる紛失サポートも用意される。

関連リンク

関連記事