1回録画用

ソニー、世界初の128GB/4層 民生用ブルーレイディスク

編集部:平山洸太
2018年10月19日
ソニーは、民生用では世界初となる4層構造で128GBを実現したブルーレイディスクを11月10日に発売する。

5BNR4VSPS4

・1枚パック「BNR4VAPJ4」¥オープン(予想実売価格1,500円前後) 
・3枚パック「3BNR4VAPS4」¥オープン(予想実売価格3,900円前後) 
・5枚パック「5BNR4VSPS4」¥オープン(予想実売価格6,000円前後) 

4層構造のBD-Rで、BD-XL規格に準拠。4層構造においても最適にデータを記録できる記録膜の開発、加えて精密な記録層形成技術を用いることで、民生用途としては世界最高の128GBを実現した。

また、4層化できる製造プロセスを独自開発したことにより、民生用4層ブルーレイディスクを量産することができるようになったとした。

安定した記録/読み出しのため、4層すべての層で反射率・透過率を最適化。これにより、2層構造の最短マーク長を約78.5%の 0.117μmに短縮し、1層あたりの記録容量が32GBに増加、4層合計で128GBの大容量記録が可能になったという。

さらに保存信頼性にも配慮。記録膜以外にも新たに開発した樹脂材料(中間層レジン)や誘電体材料などを採用することで、初期の記録品質のみならず長期保存にも優れるとする。

1回のみの録画が可能で、傷・埃・汚れに強いハードコートを採用、またインクジェットプリンターに対応する。

関連リンク

関連記事